特集 : 函南町

知事「住民理解のない着工 間違い」 函南メガソーラー

 函南町軽井沢で進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に反対する住民グループらが30日、県庁の川勝平太知事を訪ね、住民の賛同を得ないまま着工しないよう事業者への指導を求める要望書を提出した。川勝知事は「住民の理解なしに進めるのは間違い。伊豆半島全体の問題ととらえている」と答えた。

川勝知事(左)と面談する住民グループのメンバー=県庁
川勝知事(左)と面談する住民グループのメンバー=県庁

 川勝知事は岩手県など全国でもメガソーラーを巡る同様の問題が起きているとし、林地開発を許可する森林法の要件に「住民の理解」を加える必要性を指摘した。全国知事会でもメガソーラーに関する主張を続け、「知事の権限は限られているが、国との交渉や他の知事との共闘を通じて最大限活用していきたい」と述べた。
 住民グループは「リニアとメガソーラーの問題は2枚看板として取り組んでもらいたい」と訴えた。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む