特集 : 函南町

魚がし鮨函南店 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に7月1日開業

 沼津魚がし鮨(ずし)を展開する沓間水産は1日、函南町の道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に函南店をオープンする。地場の食材を使ったセットメニューを用意し、伊豆を訪れる観光客から地元住民まで幅広い客層の来店を見込む。

1日にオープンする沼津魚がし鮨函南店=函南町の伊豆ゲートウェイ函南
1日にオープンする沼津魚がし鮨函南店=函南町の伊豆ゲートウェイ函南

 静岡県東部では15店舗目となる函南店は、広さ150平方メートルに40席を設けた。沼津港直送の魚介を使ったすしや和食に加え、セットメニューには地場野菜のサラダを付ける。ランチは平日999円から提供するほか、同店限定セットも同850円から食べられる。サイドメニューは、天ぷらや煮物など10品ほどを日替わりで用意する。
 伊豆の玄関口となる伊豆縦貫道と伊豆中央道の結節点に近く、道の駅は多くの観光客が立ち寄る。同社は「地元の方はもちろん、県外からのお客さまにも魚がし鮨を認知してもらいたい」と語る。
 ランチは午前10時~午後4時(閉店は午後6時)。テークアウトの注文も受け付ける。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む