飯塚翔太(男子200)代表暗雲6位 静岡県勢、奮闘も五輪舞台決められず 陸上日本選手権

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は27日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた。静岡県勢は男子200メートル決勝で鈴木涼太(城西大、浜松工高出)が自己記録を更新する20秒73で3位、飯塚翔太(ミズノ、藤枝明誠高出)は20秒93で6位だった。男子800メートル決勝は川元奨(スズキ)が1分46秒89の3位で五輪参加標準記録(1分45秒20)に及ばなかった。女子5000メートル決勝は木村友香(資生堂、静岡籠上中出)が15分31秒37で6位。男子やり投げは、長沼元(スズキ)が73メートル25で8位、新井涼平(スズキ)は70メートル40で13位だった。

男子200メートル決勝を6位でゴールし、悔しそうな表情の飯塚翔太=ヤンマースタジアム長居
男子200メートル決勝を6位でゴールし、悔しそうな表情の飯塚翔太=ヤンマースタジアム長居
男子800メートル決勝 1分46秒89で3位に入った川元奨(左)
男子800メートル決勝 1分46秒89で3位に入った川元奨(左)
女子1600メートルリレー 2走青山(右)からバトンを受けて走り出す3走松本
女子1600メートルリレー 2走青山(右)からバトンを受けて走り出す3走松本
男子200メートル決勝を6位でゴールし、悔しそうな表情の飯塚翔太=ヤンマースタジアム長居
男子800メートル決勝 1分46秒89で3位に入った川元奨(左)
女子1600メートルリレー 2走青山(右)からバトンを受けて走り出す3走松本

 
 ■飯塚「結果が全て。またここから」
 思い通りの走りではなかった。男子200メートル決勝で6位に終わった飯塚はゴール後、しばらく下を向いて立ち尽くした。「(自分の記録が)遅いなという思い。悔しいですね」と唇をかんだ。
 26日の予選に続き、スタートから加速できなかった。課題だった60メートルまでにスピードに乗れず、コーナーを曲がった時点では5番手。持ち味の後半も伸びを欠き、6位に後退した。「前半で勝負が決まってしまった。うまく前に進めなかった」と視線を下げた。
 リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた2016年の日本選手権では自己新記録の20秒11をマーク。「リオの時から日本新記録を出したいという思いをずっと持ち続けている」。5年間、さらなる記録更新にこだわってきた。
 「五輪参加標準記録(20秒24)を突破して優勝することが目標だった」と話したが、勝負に徹して勝つことを最も重視していた。五輪代表選考基準の一つの世界ランキングでは、出場枠の圏内に入っている。だからこそ、ポイントの高い今大会で上位に入り、上積みしておきたいところだった。
 200メートルの五輪出場は最大3枠。優勝した小池(住友電工)が内定し、残りは2。世界ランキングによる日本代表争いは、参加標準記録を満たしているサニブラウン(タンブルウィードTC)に次ぎ、今大会4位の山下(ANA)が日本勢3番手に上がることが濃厚で、飯塚は4番手に後退しそうだ。
 世界陸連は7月1日にランキングによる五輪出場資格者を公表する予定。飯塚は「結果が全て。受け入れて、またここから頑張りたい」と厳しい表情で言葉を絞り出した。

 ■川元(男子800)悔やむ3位「勝てた試合」
 男子800メートル決勝に進んだ川元(スズキ)は1分46秒89の3位と力走したが、五輪参加標準記録(1分45秒20)に届かなかった。優勝を狙いにいったが、トップに0秒21及ばず「もったいないレース。勝てる試合だった」と悔しさをあらわにした。
 先頭集団を維持したが、最後のひと伸びを欠いた。残り250メートル付近で仕掛けた上位2人について行けず「対応できなかった」とうなだれた。ラストの切れ味が徐々に戻ってきていただけに、悔やまれる結果となった。
 自身が2014年にマークした1分45秒75は日本記録。16年リオデジャネイロ五輪に出場した28歳は「一から800メートルをつくり直す。記録を狙って頑張りたい」と出直す覚悟を示した。
 
 ■新井(男子やり投げ)不調 王者の姿、程遠く
 男子やり投げで7連覇中だった新井は、上位8人で優勝を争う後半戦に残れず、記録は70メートル40。本来の投てきとは程遠かった。
 1投目から助走が合わず、2投連続で失敗。3投目にようやく記録が認められたが、五輪参加標準記録(85メートル00)を超える自己記録(86メートル83)に遠く及ばなかった。2大会連続の五輪出場を逃し「練習していない中で、3投目で70メートルを出せた。良い年もあれば、悪い年もある」と淡々と振り返った。
 4月から調子が上がらず、「東京五輪には出られないと思っていた」と話す。今季は今大会まで公式戦の出場がなかった。5月の五輪テスト大会時点で世界ランキングは出場枠圏外。「今大会は気楽に臨めた」と五輪は意識しなかった。
 不調について「けがかどうかの回答は控える」とし、「(状態は)戻らないかもしれないが、戻せるようにしたい。とりあえず休みます」と語った。
 
 ■女子1600リレー 松本(浜松市立高出)力及ばず
 東京五輪出場を懸けて大会初日に続き、再び舞台が用意された女子1600メートルリレー。日本選抜は初日とメンバーを入れ替え、松本(東邦銀行、浜松市立高出)は2走から3走へ。是が非でも、五輪出場圏内となる世界ランキング16位以内入りを狙った。だが、記録は3分30秒81。圏内入りにはあと1秒39届かなかった。
 多くの観客が残る大会最後のフィナーレを飾ることはできなかった。松本は2位となった25日の400メートル決勝の後には「リレーの先頭を引っ張っていく選手になりたい」と語っていた。この悔しさを力に変えるつもりだ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >