袋井エコパスタジアム 百田夏菜子さん、中山雅史さん、荒川静香さん 著名人が花【五輪聖火リレー】

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん(26)=浜松市出身=とサッカー元日本代表の中山雅史さん(53)=藤枝市出身=、2006年トリノ冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリスト荒川静香さん(39)は袋井市のエコパスタジアムで聖火リレーに臨んだ。3人はスタンドで見守る観客の拍手に応えながら、笑顔で聖火をつないだ。

トーチを掲げて走る百田夏菜子さん=23日午後、袋井市
トーチを掲げて走る百田夏菜子さん=23日午後、袋井市
観客に手を振る荒川静香さん=23日午後、袋井市
観客に手を振る荒川静香さん=23日午後、袋井市
エコパスタジアムを走る中山雅史さん=23日午後、袋井市
エコパスタジアムを走る中山雅史さん=23日午後、袋井市
エコパスタジアムでランナーを務めた(左から)百田夏菜子さん、中山雅史さん、荒川静香さん=23日午後、袋井市
エコパスタジアムでランナーを務めた(左から)百田夏菜子さん、中山雅史さん、荒川静香さん=23日午後、袋井市
トーチを掲げて走る百田夏菜子さん=23日午後、袋井市
観客に手を振る荒川静香さん=23日午後、袋井市
エコパスタジアムを走る中山雅史さん=23日午後、袋井市
エコパスタジアムでランナーを務めた(左から)百田夏菜子さん、中山雅史さん、荒川静香さん=23日午後、袋井市

 百田さんは同スタジアムが会場となった2019年ラグビーワールドカップで、本県の開催都市特別サポーターを務めた。ラストランナーの大役に「ここまでつないできたたくさんの思いを感じた」とし、「アスリートの皆さんへのエールの気持ちで走った」と述べた。
 現役時代にプレー経験のある同スタジアムを駆け抜けた中山さん。「サッカーとはまた違った緊張感。距離が短く、もう少し浸っていたかった」と振り返った。選手に向け「これまでの努力の成果を発揮し、最高のパフォーマンスを見せてほしい」と激励した。
 母親が本県出身という荒川さんは「袋井で聖火をつなぐことを楽しみにしていた」とあいさつ。1カ月後に迫った東京五輪には「多くの人の希望につながるような大会になってほしい」と願いを込めた。
 (袋井支局・仲瀬駿介)

いい茶0
メールマガジンを受信する >