特集 : 函南町

函南のダイハツ店 住民集うカフェに 休業日、無料で開放

 函南町と町社会福祉協議会はこのほど、ダイハツ沼津函南店(同町)と連携し、休業日の同店で地域住民らが集う「D―Cカフェ」を開いた。カフェスペースの無料開放に加えて地場野菜の直売などが行われ、大勢の町民らが訪れた。

休業日に合わせて開いたD―Cカフェ=函南町のダイハツ沼津函南店
休業日に合わせて開いたD―Cカフェ=函南町のダイハツ沼津函南店

 同店が商談などで使う店内スペースを提供し、通常のお客に出すドリンクやお菓子もサービスした。駐車場では野菜の直売が行われたほか、町内の就労継続支援施設による焼き菓子、手作りマスクなどの自主製品も売り出した。来場者はそれぞれ、ドリンクを飲みながらおしゃべりをしたり買い物をしたりして楽しんだ。
 町社協が同店で従業員向けに認知症サポーターの養成講座を開いた際、店内を地域のために開放できないか店に依頼したのがきっかけ。地域密着活動の一環として同店が快諾し、開催に至った。反応を見ながら今後の開催も検討するという。

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む