映画隆盛の時代 ポスター、チラシ…並ぶ 焼津市歴史民俗資料館

 焼津市歴史民俗資料館(同市三ケ名)で、映画ポスターや市内にかつて営業していた映画館を紹介する企画展「ヤイヅ・シネマパラダイス」(静岡新聞社・静岡放送後援)が開かれている。来年1月末まで。

映画のポスターやチラシを集めた企画展=焼津市歴史民俗資料館
映画のポスターやチラシを集めた企画展=焼津市歴史民俗資料館

 戦前から昭和30年代までの洋画、邦画のポスターやチラシ、映画館の前身である芝居小屋のチラシなど映画に関する資料が所狭しと並んでいる。
 映画「第五福竜丸」の焼津市内での撮影風景を収めた写真、第五福竜丸事件で着想を得たとされる昭和29年公開の「ゴジラ」のポスターなども展示している。
 市内では最盛期の昭和40年代に7館の映画館が営業していたが、1989年に焼津座が閉館したのを最後に姿を消した。
 会場では、大勢の客で座席が埋め尽くされた映画館内の様子を写真で紹介している。かつて映画館があった場所を示した地図も設置している。
 11月からポスターなど展示内容を入れ替える。
 (焼津支局・福田雄一)

いい茶0
メールマガジンを受信する >