メガソーラー 2氏が一般質問 函南町議会

 函南町議会6月定例会は11日、一般質問を行い、同町軽井沢の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画について2氏が町の見解をただした。
 伊東市内のメガソーラー事業を巡り、根拠を元に業者の河川占用を不許可とする自治体の裁量権を認めた東京高裁判決に対して、町当局は「大変参考になる」との考えを示した一方、発電事業に町長の同意を必要とする町条例の適用については「伊東市とは条例の規定が異なる。全面適用は困難」と従来の姿勢を強調した。一部町民による条例改正に向けた住民投票の動きについては、「言及する立場にない」と述べた。古村高氏(エフエム会)への答弁。

いい茶0
メールマガジンを受信する >