住民合意の義務化提案 メガソーラーで川勝知事

 川勝平太知事は10日の全国知事会の全体会合にオンラインで出席し、全国各地で大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡って周辺住民とのトラブルが続発しているとして、説明会などを通じた住民との合意形成を図る取り組みを義務付ける森林法改正や、環境影響評価(アセスメント)運用基準の明確化を国に求めた。
 川勝知事は、事業者が対象規模以下に事業区域を分割して環境アセスを回避する「アセス逃れ」の事例に触れて、「住民とのトラブル深刻化が懸念される」と述べた。
 新しい感染症の治療や研究を専門的に行う感染症専門病院を各都道府県に1カ所、医療圏ごとに連携病院を1カ所以上指定する制度の創設も要請した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >