特集 : 函南町

静岡人インタビュー「この人」 原野博明さん 浜松市警察部長に就任した 

 1980年に県警に入り裾野署長や三島署長を歴任した。浜松市内での勤務は天竜署水窪担当次長を務めて以来2度目。同市西区出身。60歳。

原野博明さん
原野博明さん

 -市警察部の役割は。
 「浜松市と市内6署の連絡調整を担う。各署が効率よく運営できるようバックアップしたい。市内では交通事故防止が喫緊の課題。交差点改良や交通安全啓発のほか、自動車運転免許の自主返納者への支援など、行政との連携は重要だ」
 -なぜ警察官に。
 「地元の駐在所のお巡りさんに勧められたのがきっかけ。人と接する職に就きたいと思っていたので、試験を受けてみた。人の役に立てるやりがいのある仕事で、当時の選択は間違っていなかったと思う」
 -印象深かった仕事は。
 「2018年に当時の天皇、皇后両陛下が県内を訪問された際の警備は、緊張感のある仕事だった。また、地域ボランティアと取り組む業務は特に大切にした。捜査も防犯も市民の協力で成り立つ。“明るく元気に”をモットーに、警察の仕事が周囲の理解を得られるよう心掛けてきた」
 -浜松の印象は。
 「高校卒業後に浜松を離れたが、高層の建物が増えて市警察部の拠点がある県総合庁舎の周辺も街並みが変わった。生まれ育った地域に恩返しができれば」
     ◇
 オフロードの自転車競技で全国優勝経験もある。
 (浜松総局・柿田史雄)

いい茶0
追っかけ通知メールを受信する >

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む