クラフトコーラ発売 静岡・スノドカフェ七間町 かつての映画館街、知るきっかけに

 静岡市葵区七間町のスノドカフェ七間町はこのほど、クラフトコーラ「テアトロコーラ」の販売を始めた。かつて界わいにあった映画館で消費されていただろうコーラで、地域の再活性を目指す。

地域の再活性へ思いを込めた「テアトロコーラ」=静岡市葵区
地域の再活性へ思いを込めた「テアトロコーラ」=静岡市葵区

 テアトロコーラはレモンやさまざまなスパイスで製造した原液。炭酸水や牛乳、ラム酒などで割って楽しめる。「テアトロ」は劇場、演劇を意味する。ラベルには、七間町付近で初となる本格的な芝居小屋「玉川座」を開いた新門辰五郎が、火消しの組頭だったことにちなみ、若い火消しをデザイン。「Let’s Roll!(さあ、やろう!)」と、再起を促すメッセージも添えた。
 柚木康裕代表は「若い世代は、映画館街としてにぎわっていたことを知らない。新感覚のコーラがこの街のストーリーを知るきっかけになれば」と話した。
 250ミリリットル入り、1870円。
 (文化生活部・鈴木明芽)

いい茶0
メールマガジンを受信する >