山では袖付き服です あの人に聞きたい/タケノコ王 風岡直宏さん(富士宮市)【NEXT特捜隊】

 テレビのバラエティー番組に出演し、“タケノコ王”として親しまれる富士宮市のタケノコ農家、風岡直宏さん(47)。静岡市葵区の主婦(30代)から「不思議で魅力的なキャラクター。今後の夢やプライベートが気になる。テレビ出演の際によく着ているピンクのタンクトップについても聞いてほしい」との依頼が届いた。富士宮市の直売所「風岡たけのこ園」を訪ねると、生産に懸ける熱い思いを語ってくれた。

風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)
風岡直宏さん(富士宮市)


 ■“日本一の味へ 命懸け”
 2016年に経済紙で「タケノコで1億円稼いだ男」などと紹介された時、“タケノコ王”という見出しが付き、そう呼ばれるようになりました。農業は命そのものを扱う大切な仕事ですが、注目される機会は少ないです。テレビ出演を通じてタケノコ農家の仕事や、日本一の味を目指して命懸けで作っているタケノコを多くの人に知ってもらいたいと考えています。
 生まれ育った旧芝川町は、自然豊かで交通アクセスも良い魅力的な場所ですが、高齢化や過疎化が止まりません。残念ながら、同級生のほとんどがこの土地を離れました。なので、ここで一緒に新しいことに挑戦したいという人を全国から呼び込みたい、という思いも強いです。

 ■“プロ魂は前職から”
 タケノコ農家になって20年、年間300日以上を山の管理と収穫に当てています。「タケノコは勝手に生えてくる」と言う人がいます。でも、しっかりと研究した肥料を与え、適切に竹の伐採や草刈りを施した山のタケノコは、味が全く違います。私が育てたタケノコはあくが少なく、甘みが強い。ミシュランの星付き料理店でも採用されています。
 若い頃、トライアスロンのプロ選手でした。今はタケノコ農家のプロ。プロは「安定した成績を長年にわたって出す人」だと思います。タケノコは通常、豊作の表年と不作の裏年が1年交代ですが、私の山には裏年はない。プロとして、体の故障がないように気を付け、徹底した山の管理をしています。

 ■普段はピンク色とは限りません
 選手時代、レースでピンク色のユニホームを着ていたため、テレビでは衣装として着ています。普段はピンク色とは限りません。ただ、春先からはタンクトップを着ることが多いです。もちろん、山では安全のため、袖付きの服を着ています。
 体が資本なので、毎晩午後8時には寝ています。お酒は飲みません。休みは少ないですが、伊豆シャボテン動物公園などにカピバラを見に行くのが好きです。自衛隊の活動をPRする富士宮市自衛隊協力会の会長を務めていて、戦車などに乗車させてもらえるのも楽しみの一つです。
 体を動かし、忙しく働く今の生活が好きです。生涯現役でタケノコ農家の仕事を全うし、後継者も育てられればと思っています。
 (TEAM NEXT編集委員・大滝麻衣、写真部・田中秀樹)

 <Profile>
 かざおか・なおひろ 1973年、旧芝川町(富士宮市)生まれ。短大時代にトライアスロンを始め、23歳までプロチームに所属し、国内レースで13勝。足の故障で引退後は工場勤務などを経て、クワガタとカブトムシの養殖販売を手掛けた。2001年から実家の竹林でタケノコ生産に取り組み、「風岡たけのこ園」を営む。

 ★あなたの「聞きたい」を教えて
 身近にいる変わった特技を持った人、ユニークな活動を展開している人、近所で知る人ぞ知る有名人…。多くの人に知ってほしい「あの人」をあなたに代わって訪ねます。情報と、聞いてみたい質問をLINEでお寄せください。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ