あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 三島市

21日は夏至 風鈴制作 三島で最盛期【動画あり】

ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
溶けたガラスに息を吹き込む関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
溶けたガラスに息を吹き込む関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
溶けたガラスに息を吹き込む関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)
ガラスに息を吹き込み、風鈴の形を作る関根久雄さん=20日午前、三島市大社町の日光陶器店(写真部・宮崎隆男)

 21日は二十四節気の「夏至」。北半球では1年で最も日が出ている時間が長くなる日に当たる。
 三島市大社町の日光陶器店では夏本番に向けてガラス製の「みしま風鈴」作りが最盛期を迎えている。店主の関根久雄さん(59)は20日、工房の約1300度に熱した炉で溶かしたガラスに息を吹き込み、風鈴の形に膨らませる作業に当たった。みしま風鈴は稲取の天草や狩野川の砂鉄など、伊豆の素材を使用しているのが特徴。
 店頭販売の他、リヤカーによる引き売りも行っていて、市内には涼やかな風鈴の音が響き渡っていた。
 (写真部・宮崎隆男)

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

動 画

三島市の記事一覧

他の追っかけを読む