あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 三島市

自転車競技・チームブリヂストン パリ五輪「必勝を」 三嶋大社で祈願

 パリ五輪の自転車競技トラック種目に出場予定の「チームブリヂストンサイクリング」は15日、拠点とする三島市の三嶋大社で必勝祈願を行った。選手と関係者が悲願のメダルに向け、気持ちを一つにした。

五輪での活躍を誓う選手たち=三島市の三嶋大社
五輪での活躍を誓う選手たち=三島市の三嶋大社

 窪木一茂選手(35)と橋本英也選手(30)、今村駿介選手(26)、長迫吉拓選手(30)、太田りゆ選手(29)、リザーブの松田祥位選手(24)が神事に臨んだ。トラック種目全選手で最年長ながら、個人団体の男子3種目に挑む窪木選手は「しっかりと結果で示す。出場する選手全員がメダルを目指す」と強調。東京大会の男子オムニアムに続く五輪となる橋本選手は「今度こそメダルを三島に持ち帰る」と約束した。
 男子4000メートル団体追い抜きの今村選手と女子ケイリン、スプリントの太田選手は東京五輪のリザーブ。今村選手は「ようやく悔しさを晴らす機会を得た」、太田選手は「三嶋大社で五輪に出たいと願い続け、ついに出場を報告できた」と感慨深げだった。
 長迫選手は3回目の五輪だが過去2回はBMX代表。東京五輪後からトラックに転向し、「気分は初出場。運も味方につけたい」と大舞台を心待ちにした。
 (下田支局・伊藤龍太)

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

三島市の記事一覧

他の追っかけを読む