あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 三島市

茎発生の仕組み解明 三島・遺伝研など 農作物改良に期待

 三島市の国立遺伝学研究所(遺伝研)などのチームは、これまで研究が進んでいなかった植物の茎の発生メカニズムを解明したと米科学誌サイエンスに14日発表した。葉の付け根となる節と、節間を形成する際に関わる遺伝子の関係性を明らかにした。農作物の改良研究に役立つことが期待される。
 グループは、葉の形成を制御する遺伝子が、節の形成に影響を与えることを発見した。この茎を節化させる遺伝子の働く場所を限定し、節間の形成に重要な役割を果たす別の遺伝子も特定した。遺伝子の発生具合により、節と節間の割合が決まるとした。
 これらの遺伝子は種子植物特有。枝構造しかなかった種子植物の祖先が、葉を得る過程でメカニズムを獲得した可能性が高いとの推測も示した。
 遺伝研の津田勝利助教によると、多くの植物は外見上、節と節間が曖昧なため、茎の発生の仕組みに関する研究は進まなかった。グループは節と節間の区別が明確なイネに着目して研究した。ゲノム(全遺伝情報)編集の発達により研究が進んだという。
 茎の発生メカニズムの解明により茎の長さを調整する研究が進めば、強風でも倒れにくい稲や小麦が開発され、収穫量向上につながる可能性があるという。
 (三島支局・岡田拓也)

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

三島市の記事一覧

他の追っかけを読む