あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 三島市

長迫選手 自転車パリ五輪代表候補 「メダル獲得へ力湧く」 居住地・三島の町内会で壮行会

 自転車競技トラック種目短距離のパリ五輪代表候補、長迫吉拓選手(30)の壮行会が10日夜、居住地の三島市の押切公民館で開かれた。壮行会は地元の町内会の主催。長迫選手は三島を拠点とする「チームブリヂストンサイクリング」の一員で、「このような形で応援してもらい、メダル獲得に向けて力が湧く」と闘志を燃やした。

地域住民に五輪での健闘を誓う長迫選手=三島市の押切公民館
地域住民に五輪での健闘を誓う長迫選手=三島市の押切公民館

 長迫選手は昨年から押切地区に居を移したという。壮行会では花束を受け取り、町内会長の駒坂裕さん(76)ら住民約30人から祝福を受けた。質疑の機会を設け、住民らは日々の練習の様子や競技の機材、ルールなどを質問。長迫選手は一つ一つ丁寧に答え、自転車の魅力を説いた。
 長迫選手はBMX代表で五輪に2回出場。東京五輪後からトラック種目に転向し、今夏はチームスプリントに挑む。同種目はパリ五輪にランキング3位で出場権を確保していて、「過去とは違い、メダルを狙える位置にいる。帰国後に皆さんにメダルに触れてもらえるよう全力を尽くす」と約束した。長迫選手と近所付き合いがある渡辺小夜子さん(80)は「彼の活躍を追うのが生活の励みです」と期待を寄せた。
 (下田支局・伊藤龍太)

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

三島市の記事一覧

他の追っかけを読む