あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 教育・子育て

沼津・第二中学校区 小中統合4案提示 子どもの意見収集へ

 児童生徒の減少が進む沼津市の第二中学校区の小中学校(第二小、千本小、第二中)について、校区内の地元自治会や保護者らによる「学校の未来を考える会」(事務局・市教委)は7日までに、四つの統合・設置案をまとめた。7月中旬までに同会委員が所属する各団体のほか、児童生徒からも意見を聞く。

事務局が示した四つの統合・設置案
事務局が示した四つの統合・設置案
第一・第二中学校区における小中学校の配置
第一・第二中学校区における小中学校の配置
事務局が示した四つの統合・設置案
第一・第二中学校区における小中学校の配置


 案は同会会合で示された。2021年、第一中学校区の小中学校(第一小、第一中)との統合が白紙となって以降、具体案が提示されるのは初めて。大人だけで議論するのではなく、実際に通う子どもの考えも尊重することにした。具体案は、第二中学校区の学校だけで統合し、施設一体型小中一貫校を設置する2案と、第一中学校区も含めて統合・配置する2案。
 学校のあり方を考える子ども向けワークショップの開催も検討している。次回会合は7月末。市教委の原将史教育企画課長は「会合で挙がった第二中校区内だけでの統合を望む意見、第一中との統合を望む意見を踏まえ、実現可能と考えた4案を考える会とともに示した。団体ごとに意見の取りまとめをお願いしたい」と呼びかけた。
 (東部総局・菊地真生)

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

教育・子育ての記事一覧

他の追っかけを読む