あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 清水エスパルス

清水エスパルス本拠地「アイスタ」 和式→洋式トイレに80基更新 静岡市整備

 静岡市は、サッカーJ2清水エスパルスの本拠地IAIスタジアム(清水区、アイスタ)をJリーグクラブライセンスの基準を満たす施設にするため、年内を目標に洋式トイレを70基から150基に増設し、観戦する市民が快適に使用できる環境を整備する。選手用ベンチも4基から6基に増やす。関連費3千万円を一般会計6月補正予算案に計上した。

IAIスタジアム=2018年10月7日(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
IAIスタジアム=2018年10月7日(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
IAIスタジアム
IAIスタジアム
IAIスタジアム=2018年10月7日(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
IAIスタジアム

 Jリーグの基準では、収容人数千人当たり5基の洋式トイレを設置する必要があり、約2万人収容できるアイスタでは100基を洋式化することが求められている。選手用ベンチは16人が座れることが基準だが、現在は自陣と敵陣で14人ずつしか座れず、パイプ椅子で代用している。
 アイスタのトイレは男女計200基で、洋式トイレは70基。試合に影響が出ないように、80基を段階的に和式から洋式に更新する。ベンチは7人掛けを2基追加する。費用は全額企業版ふるさと納税を活用する。
 同市ではJR清水駅前にサッカースタジアムを整備する構想があるが、事業化は決定していない。市スポーツ振興課によると、定期的に更新されるJリーグの基準に対応するため、アイスタの設備をその都度見直す必要があるという。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

清水エスパルスの記事一覧

他の追っかけを読む