あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 三島市

アクサ生命保険と健康経営推進へ協定 浜松市

 浜松市は5日、アクサ生命保険(本社・東京都)と「健康経営の推進に関する連携協定」を締結した。両者が連携して、従業員の健康づくりを企業の安定経営につなげる「健康経営」を市内企業に普及し、実現を後押しする。

健康経営の推進に関する連携協定を締結した中野市長(左)と高倉支社長=浜松市役所
健康経営の推進に関する連携協定を締結した中野市長(左)と高倉支社長=浜松市役所

 健康経営アドバイザーの資格を持つ同支社の社員136人が営業活動などで市内の企業や団体を訪問する際、経営者らに健康経営に関する情報を発信したり、助言したりして、経済産業省が推奨する「健康経営優良法人認定」の取得を支援する。2023年度末公表の市内認定企業は184社で、市は24年度末に220社以上に増やすことを目標に掲げている。
 市役所で開かれた締結式で中野祐介市長と高倉正人静岡支社長が協定書を交わした。中野市長は「産業人材不足が課題となる中、健康経営による生産性や企業価値の向上が人材確保にもつながる。協定締結を機に市内企業の健康経営をさらに推進したい」と期待を寄せた。高倉支社長は「浜松市が目指す『予防・健幸都市』の実現に少しでも貢献できるよう全力で取り組みたい」と述べた。
 市が官民連携で進めている健康関連事業「浜松ウエルネスプロジェクト」の一環。同社と県内自治体との同様の協定締結は県、三島市に次いで3カ所目。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

三島市の記事一覧

他の追っかけを読む