あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 三島市

規格外ニンジン スープで主役 三島「はじかれ野菜」第2弾完成

 市場に出回らない箱根西麓三島野菜を使った「はじかれ野菜スープ」のレトルトタイプ第2弾となる「三島にんじんのポタージュ」が完成した。スープを通じて三島の野菜や農業の良さを広める三島市観光協会などのプロジェクト「スープアップ!三島」の一環。10日から地元の土産物店や観光施設などで販売する。

三島にんじんの甘みが凝縮されたはじかれ野菜スープをPRする山本社長(左)=三島市役所
三島にんじんの甘みが凝縮されたはじかれ野菜スープをPRする山本社長(左)=三島市役所
三島にんじんの甘みが凝縮されたはじかれ野菜スープ=三島市役所
三島にんじんの甘みが凝縮されたはじかれ野菜スープ=三島市役所
三島にんじんの甘みが凝縮されたはじかれ野菜スープをPRする山本社長(左)=三島市役所
三島にんじんの甘みが凝縮されたはじかれ野菜スープ=三島市役所


 食品卸業「東平商会」(長泉町)が、JAふじ伊豆や規格外の野菜を活用する「サルベジー」の協力を受け、三島馬鈴薯(ばれいしょ)と大根を使った第1弾に続いて開発した。強い甘さが特徴の三島にんじんの良さを凝縮した。山本雅弘社長は「形が悪かったり、取れすぎたりした野菜を有効活用することで生産者に還元したい。甘くて苦みの少ない三島にんじんを味わってほしい」とPRする。
 糖度が上がる1月に収穫された規格外品を原料にした。年間1万パックを生産する予定で、店頭価格は税込み450円前後となる。今後も年1回のペースで新商品を開発していくという。
 (三島支局・岡田拓也)

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

三島市の記事一覧

他の追っかけを読む