あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

テーマ : 清水エスパルス

タイでサッカー教室、子どもに笑顔 エスパルス、ビジネス交流も

 サッカーの来季Jリーグ2部(J2)清水エスパルスはこのほど、タイ・バンコク近郊の児童養護施設3カ所でサッカー教室を開いた。西沢健太選手と宮本航汰選手、サッカースクールコーチ2人が参加し、現地の小学生合わせて約120人を指導した。鈴与タイランドなど現地に事業展開している企業と共同で実施する社会貢献活動で、2017年に始まり今回で5回目。

タイの子どもたちを対象に開かれたサッカー教室=タイ国内(清水エスパルス提供)
タイの子どもたちを対象に開かれたサッカー教室=タイ国内(清水エスパルス提供)

 新型コロナウイルスの影響で中断していたが、3年ぶりの開催となった。鈴与タイランドの従業員も各施設に約20人ずつ集まり、試合形式で一緒に汗を流した。西沢選手は「温かく迎え入れてくれて一緒にサッカーを楽しめて素晴らしい経験になった」と感想を語り、宮本選手は「子どもたちの笑顔が見られて良かった。また参加したい」と述べた。
 現地では、タイで事業展開している清水のスポンサー企業などを中心に31社46人が集まったビジネス交流会も行われた。2019年以来2回目の開催で、前回を上回る人数が参加したという。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

清水エスパルスの記事一覧

他の追っかけを読む