あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

身近な犯罪に注意 三島の7月末刑法犯 前年より22件増加

 三島署は9日、7月末までに発生した今年の刑法犯が361件となり、前年よりも22件増加していると同署協議会で明らかにした。自転車盗、空き巣、特殊詐欺などの身近な犯罪が目立ち、大社前や三島駅前など市町中心部の交番管内で犯罪が多発している。
 特殊詐欺はこれまで34件、被害額は約4千万円に上り、昨年と同様に相次いで発生している。親族や市職員などを装い現金を要求するサギ電話は178件が認知され、前年同期(103件)比で75件の大幅増。入電した場所は三島市内が165件、函南町内が13件で、三島の高齢者が狙われる傾向にあるとみられる。
 交通事故は件数、負傷者数は減少し、死者は2人で前年と同数。人対車両の事故が7件増の45件発生し、特に横断歩道を歩行中に起きた事故が20件でほぼ倍増しているという。自転車関連は微増だが、中学生の事故が大きく増えている。

▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む