あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

185センチ中学生、ジャブ磨き頂点 杉本(静岡服織) ボクシング全日本UJ男子64キロ級

 ボクシングの全日本UJ(アンダージュニア)王座決定戦(8月、水戸)の男子64キロ級で、静岡服織中3年の杉本翔也(14)=平石ジム=が優勝した。大会は小学5、6年と中学生の各年代でチャンピオンを決める。杉本は県、東海、東日本代表決定戦を勝ち抜いて出場し、4人によるトーナメントで春の全国大会上位のシード選手2人に連勝した。

ボクシングの全日本UJ王座決定戦男子64キロ級を制した杉本翔也=静岡市葵区の平石ジム
ボクシングの全日本UJ王座決定戦男子64キロ級を制した杉本翔也=静岡市葵区の平石ジム

 杉本は身長185センチの長身を生かしたアウトボクサー。2試合とも遠い間合いから鋭い左ジャブで主導権を握り、得意の右ストレートを打ち込んだ。初戦の準決勝は5-0の判定で完勝。決勝も3-2で競り勝った。
 小学6年春に「テレビでボクシングを見て、自分も強くなりたいと思った」と何げない動機で平石ジム(静岡市葵区)に入門。野球や柔道は1年で辞めていたが、ボクシングには魅力を感じ、それからは学校行事やテスト期間などを除き1日も休まずジムに通う。
 中学2年までは東日本の壁にはね返されたが、今季は振りが大きかったジャブを徹底的に強化。ミット打ちやシャドーを繰り返し、ノーモーションから切れのあるパンチが出せるようになったことで大きく飛躍した。
 高校では1年夏から全国総体の上位入賞を目指す。高校卒業後のプロ挑戦を見据えながら、「3年間のうちに全国優勝したい」と意気込む。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ