あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

千体観音像を展示 函南・仏の里美術館、9月30日まで

 函南町のかんなみ仏の里美術館でこのほど、同町の廃寺で発見された「大竹千体観音像」の特別展示が始まった。9月30日まで。

ケースに飾り付けられた千体観音像=函南町の仏の里美術館
ケースに飾り付けられた千体観音像=函南町の仏の里美術館

 同館によると、1673年に地元の大竹地区を訪れ、寺を発見して復興させた僧侶が観音像を彫ったとされる。地元では病人が出ると寺から観音像がお守りとして貸し出され、お布施とともに返却される風習があったという。高さ約15センチの木像に金箔(きんぱく)が施され、特別展示では743体がケースの中に飾り付けられている。
 同館では参加型イベント「千体仏を描こう!」も開催され、来場者が観音像の台紙に好きな色を塗って壁に貼り付けている。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む