静岡県内の郷土工芸品 都内で展示販売

 静岡県内の郷土工芸品を紹介する特別展(県郷土工芸品振興会主催)が27日、東京・赤坂の伝統工芸青山スクエアで始まった。6月9日まで。焼き物や織物、漆器など国や県が認定する13種類約1100点を展示販売している。

県内の郷土工芸品を展示販売している特別展=東京・赤坂の伝統工芸青山スクエア
県内の郷土工芸品を展示販売している特別展=東京・赤坂の伝統工芸青山スクエア

 駿河竹千筋細工の涼しげな風鈴やあんどん、色鮮やかな浜松注染そめの手拭い、クスノキの木目を生かした熱海楠(くすのき)細工の家具など、職人の技術が詰まった多彩な商品が並ぶ。地元職人が制作実演も行い、匠(たくみ)の技を披露している。
 特別展は首都圏でのPRと販路拡大を目的に開催している。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ