あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

補欠球児 日本一つかむまで 慶大・堀井監督(函南出身)が自伝本

 慶応大野球部の堀井哲也監督(60)=函南町出身=がこのほど、自伝本「エンジョイベースボールの真実」(ベースボール・マガジン社)を出版した。韮山高の補欠球児が社会人までプレーし、監督として大学、社会人の両方で日本一をつかんだ。挫折や苦悩を乗り越えて得た組織論や指導論を盛り込んだ。堀井監督は「組織をまとめることに苦労している人や、若い指導者の刺激になれば」と話す。

自伝本を手に、野球人生を振り返る慶応大野球部の堀井哲也監督=2月中旬、横浜市
自伝本を手に、野球人生を振り返る慶応大野球部の堀井哲也監督=2月中旬、横浜市

 慶応大時代の恩師・前田祐吉元監督が提唱し、今なお野球部に受け継がれる言葉「エンジョイベースボール」を突き詰めてきた人生を振り返った。最近はトップ選手もよく使う「エンジョイ(楽しむ)」だが、「楽な方に流れるのは違う。言葉が独り歩きする風潮にくさびを打ちたかった」との思いを込めた。
 「失敗談が多い」という半生。選手時代はけがやミスで主力に定着する好機を逃し、社会人監督時代は選手からの反発を経験した。会社の不祥事による出場停止や、大病にも見舞われた。それでも、逆風にめげず野球に打ち込み、JR東日本での都市対抗制覇、慶応大での全日本大学選手権優勝をはじめ、輝かしい実績を残した。
 日本一を懸けた試合での采配の経緯や感情、互いにしのぎを削った仲間や宿敵、指導で携わったトップ選手とのやりとりも赤裸々につづっている。
 四六判、312ページ。税別1600円。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む