あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

「給食の鉄人」優勝 赤池(函南町)さん、西浦ミカン使った一品 沼津のこども園で提供

 乳幼児の給食レシピを募集した「給食の鉄人 2021」で、沼津市幸町の認定こども園中央幼稚園などで給食を提供するミールケア(長野市)の赤池あづみさん(46)=函南町=が優勝した。考案したメニュー「たらのカラフルみかんソース」は15日に同園の園児に振る舞われ、赤池さんは「子どもたちが地域を知るきっかけになれば。これからも心を込めて作っていきたい」と語った。

優勝に輝いた「たらのカラフルみかんソース」
優勝に輝いた「たらのカラフルみかんソース」
園児にメニューの説明をする赤池さん(右奥)=沼津市幸町の認定こども園中央幼稚園
園児にメニューの説明をする赤池さん(右奥)=沼津市幸町の認定こども園中央幼稚園
優勝に輝いた「たらのカラフルみかんソース」
園児にメニューの説明をする赤池さん(右奥)=沼津市幸町の認定こども園中央幼稚園

 メニューは油で揚げたタラに、沼津特産の西浦ミカンのソースをかけた一品。ソースはミカンを生のまましぼり最後に加えることで香りを残し甘酸っぱい味付けにして、野菜を加えて彩りを添えた。
 給食の鉄人は、レシピをアイデアや味、調理などから審査する。赤池さんは沼津らしさを打ち出すために、西浦ミカンを材料に選んだ。限られた予算と食材でメニューを作るために試行錯誤を重ねたという。西浦地区に出かけ、ミカンの味や価格を確認した。
 1月30日に都内で行われた決勝大会で、全国191件の応募の中から5組が審査員を前に、調理とプレゼンテーションを行った。赤池さんは「地場産品を使っていることや味のバランスが取れている点が評価された。子どもたちの応援に応えられてうれしかった」と振り返る。
 15日には、給食として園児約100人に提供した。赤池さんは食育も兼ねて各クラスをまわり、沼津産ミカンを使ったことや野菜の種類を伝えた。年長の女子園児(6)は「ミカンの味がして少しすっぱかった。また食べたい」と感想を話した。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む