あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

388人調停申し立て スルガ銀行、アパート不正融資

 スルガ銀行から不正融資を受けたとするアパート・マンション購入者の救済を目指す被害弁護団は4日、東京都内で記者会見を開き、購入者388人が返済の免除を求めて東京地裁に民事調停を申し立てたと発表した。弁護団によると、被害総額は約972億円に上る。
 スルガ銀はシェアハウスの不正融資を巡る問題で、物件オーナーが土地と建物を手放すことを条件に裁判所に調停を申し立てれば、関連融資債権を第三者譲渡するとして定型的な解決を図ってきた。
 弁護団はこれと同様の解決策を想定し、交渉を続ける。スルガ銀の広報担当者は弁護団の発表に関して「調停の手続きは非公開のため、具体的な内容を申し上げることは差し控えたい」とした。
 

あなたの静岡新聞 アプリ