あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

特集 : 函南町

重層的支援へ研修 函南町、今春から体制整備

 あらゆる相談を受け入れ、複合的な課題には多機関協働で解決を図る「重層的支援体制」整備に向けた研修会が13日、函南町役場で開かれた。同町では4月から「丸ごと相談」の実現へ支援体制を整備する方針で、研修会には障害者、高齢者などを支援する福祉団体の担当者約30人が参加した。
 国が進める重層的支援体制は、断らない相談支援、社会のつながりを促す参加支援、地域づくり支援―を市町村が一体的に実施する事業。同町では各相談窓口で対応困難な複合課題については、多機関連携の「中核機関」が支援調整会議で対応を講じる。独り暮らしの高齢者訪問や配食サービスなど支援者が積極的に地域へ出向き、寄り添いながらサポートする伴走支援で課題解決につなげる。
 研修会では「県包括的相談支援体制構築市町アドバイザー」の土屋幸己氏が講師を務め、重層的支援体制の仕組みや期待される効果について説明。地域課題が多様化、複雑化するなかで「縦割りの支援制度では対応できない。地域に合った支援が重要になる」と強調した。

いい茶0
▶ 追っかけ通知メールを受信する

函南町の記事一覧

他の追っかけを読む