「知事と会う理由ない」国交省局長、大臣の面会否定 リニア会議

(2020/5/29 07:48)

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題を議論する国土交通省の専門家会議を巡り、会議を主催する同省鉄道局の水嶋智局長は28日、静岡新聞社の取材に応じ、川勝平太知事が27日の定例会見で赤羽一嘉国交相との面会を希望したことについて「現時点ではこの問題で大臣が会うことはないと思う」との認識を示した。
 水嶋氏は「専門家会議で良い議論が行われている。知事と大臣が会う理由がない」と説明。「知事の会見での発言は鉄道局に対する感情的な発言が多いように思われ、趣旨がよく理解できない」とも述べた。
 静岡県と見解が食い違っている会議の「全面公開」の考え方は「報道関係者の傍聴と事後説明、議事録の速やかな公開で要件は満たしている」と指摘。「県と事前に調整し、異論はなかった」とした。
 また、県は会議のウェブでの全国配信を求めているが「委員が配信後の発言の扱われ方を懸念している。落ち着いた議論ができる環境を整備するのが最優先だ」として応じない姿勢を示した。県内の報道機関の報道について「ニュースソースが偏っていると感じる。事実と報道機関の見解とを明確に区別した上で、論が分かれる場合は両論を紹介してもらいたい」と求めた。

「静岡政治」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'