あなたの静岡新聞
▶ 新聞購読者向けサービス「静岡新聞DIGITAL」のご案内
あなたの静岡新聞とは?
有料プラン

日産の軽EVサクラ、5万台突破 発売1年、国内最速

 日産自動車は25日、昨年6月に発売した軽の電気自動車(EV)「サクラ」の受注台数が、1年余りで累計5万台を突破したと発表した。生活の足としての軽快さや静かさ、自宅で充電できる機能性が評価されて受注が伸び、国内のEVでは最速記録になったとみられる。

日産自動車の軽のEV「サクラ」
日産自動車の軽のEV「サクラ」

 日産は同時に2010年の「リーフ」発売以来、世界でのEV累計販売台数が100万台に達したと発表した。ただ世界市場はEVシフトが加速し、米テスラや中国の比亜迪(BYD)との差は急速に開いている。日本勢をリードする日産の巻き返し策が注目される。
 日産によると、EVの先駆けだったリーフは国内販売5万台到達に約4年かかった。サクラは東京都や神奈川県の郊外を軸に関東で売れ行きを伸ばし、中部、近畿の都市部でも堅調だった。
 サクラは1回の充電で最大180キロ走行でき、日産は「日常使いに十分」と分析する。政府の補助金で実質購入価格が抑えられたこともあり、人気が高まった。国内の軽EVでは、日産と共同開発した三菱自動車の「eKクロスEV」も堅調に推移している。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ