東芝総会、2分割計画を否決 「物言う株主」が反対

 東芝は24日、東京都内で臨時株主総会を開いた。経営再建策として会社2分割計画を提案したが、反対多数で否決された。海外ファンドら「物言う株主」は再建の道筋が見えないとして相次ぎ反対した。否決されたことで、計画は大幅な見直しが不可避となりそうだ。対立が続く大株主らに配慮した戦略を迫られ、経営の正常化は遠のく。

東芝の臨時株主総会会場に向かう人たち=24日午前、東京都新宿区
東芝の臨時株主総会会場に向かう人たち=24日午前、東京都新宿区

 島田太郎社長は否決を受け「企業価値向上のため、あらゆる選択肢の検討を行う」と述べた。
 総会では物言う株主も議案を提出。東芝株をファンドなどに売却し、非上場化した上で経営を立て直す手法を積極的に検討するよう東芝に求める内容だ。総会はこの議案も否決した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ