焼津市のごみ情報アプリ 中国語など3言語追加

(2019/4/3 07:15)
焼津市が運用を始めたごみ情報アプリのタガログ語版=焼津市役所大井川庁舎

 焼津市はこのほど、ごみの収集日や分別方法を知らせるスマートフォン向けアプリ「5374(ごみなし)」に外国語版を追加した。フィリピン人が使用するタガログ語とビサヤ語、中国語の3言語を加えた。
 市によると、市内には約4100人の外国人が居住している。このうちフィリピン国籍が約1600人と最多の4割を占め、中国籍は約400人と4番目に多い。ごみの出し方を正しく知ってもらい多文化共生を進める。
 アプリは、居住する自治会を設定すると、直近のごみ収集日や捨てることができるごみの品目を確認できる。市は2015年に日本語版の運用を始め、これまでに英語、スペイン語、ポルトガル語版を作成していた。
 

「中部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'