Topics トピックス

こち女ボイス「卒園・卒業」
自宅近くで、小学校卒業式を終えた帰り道とおぼしき、女の子とお父さんにすれ違いました。新型コロナウイルスの感染拡大と臨時休校。経験のない環境下で巣立ちの日を迎えた親子に、ささやかですが、祝意を込めて笑顔で会釈をすると、お父さんが気付き、笑顔を返してくれました。わが家も長男が保育園を卒園。年明け時点では…
MORE >
コロナ疲れをリセット あざれあ図書室にミニコーナー
静岡市駿河区の県男女共同参画センターのあざれあ図書室は4月上旬まで、ミニ展示コーナー「コロナ疲れをリセット」を展開している。ストレッチや休息法、アロマや漢方の入門書、感情の伝え方を指南する本など、体と心をリフレッシュしたい人にお勧めの本や雑誌約10冊を集めた。いずれも借りることができる。図書室は「コ…
MORE >
摂食障害を克服、体育大へ進学 弓場葉月さん「女子選手の力に」
高校時代に陸上に打ち込む中で陥った摂食障害を克服し、競技に復帰した経験を糧に、この春、新たな道を歩み出す女性がいる。浜松市浜北区の弓場葉月さん(18)。3月に静岡県立浜松工業高を卒業し、県外の体育系大学への進学を決めた。「トレーニング法やスポーツ心理学を学び、同じように悩む女子選手の役に立ちたい」と…
MORE >
母乳育児ママ支えたい 助産師3人連携、富士に専門助産院新設
出産後の母親の悩みになる母乳ケアに専門的に取り組む静岡県内の助産師3人が、富士市瓜島町に助産院「富士母乳育児相談室」を開設した。出生数に比べて助産院が少ない同市で、助産院が新設されるのは約17年ぶり。施設長となる山田敬子さん(67)=伊豆の国市=は「おっぱいに悩む母親のよりどころになりたい」と話す。…
MORE >
新型コロナで育児相談の場縮小、戸惑う母親 「電話窓口頼って」
新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、静岡県内自治体では乳幼児の健診や訪問、相談などの支援事業の多くが実施見合わせになり、保護者から「発育が大丈夫か気になる」「行き場がない」などと不安の声が上がっている。担当者は「電話相談などは通常通り。不安があれば個別に相談してほしい」と呼び掛ける。静岡市…
MORE >
こち女ボイス「新型コロナ 感染拡大」
先日、本紙の記者コラムの清流で、「花粉症なのでマスク不足に困っている」と書いたところ、すぐに静岡市内の方が「取材活動でお困りでしょう」とマスクを届けてくれました。新型コロナウイルスの感染拡大について決して明るいとは言えないニュースが連日続く中、一記者のつぶやきへ即座に反応してくださった読者の温かい気…
MORE >
男女共同参画の情報誌 編集員を募集
NPO法人あざれあ交流会議(静岡市駿河区)は、男女共同参画やジェンダーをテーマに年1、2回発行する情報誌「ねっとわぁく」の取材や原稿執筆に当たる編集員を募集している。任期は5月から2021年3月まで。4万円程度の謝金あり。会議や取材などの交通費は支給する。希望者は、(1)「防災における男女共同参画」…
MORE >
四季の布絵本、被災地と共作 宮城で仕事創出 静岡の種本さん
東日本大震災から11日で9年。静岡市駿河区の種本弥生子さん(82)が企画し、震災で仕事を失った被災地の女性たちが製作した布絵本「いっしょにあそぼ」(全4冊)がこのほど、完成した。幼少時に遊んだ里山の四季をモチーフにした作品で、種本さんは「親子で遊びながら、被災地に思いを寄せてほしい」と期待する。種本…
MORE >
こち女ボイス「産前産後のサポート」
産前産後の女性とその家族に寄り添い、家事や育児をサポートする「ドゥーラ」の活動が県内でも広がっています。ドゥーラの活用は、出産を機に良好だった夫婦の関係が急に悪化する「産後クライシス」や産後うつを防ぐ手だてになると、期待しています。第1子の産前産後にドゥーラのサポートを受けた夫妻(浜松市)は「理想的…
MORE >
動物のベストショット コンテストの写真募集
静岡市動物愛護館は2020年度の「動物大好きフォトコンテスト」の作品を募集している。「動物との触れ合いやベストショット、思わず笑顔になる写真」がテーマ。2LまたはA4サイズの写真が対象で、1人2点まで。1点ずつに添付する出品票は同館で配布するほか、県動物保護協会のホームページからダウンロードできる。…
MORE >
火災保険、水災や盗難など付帯も 証券で内容確認を
【Q】40代女性。現在、自宅に火災保険(建物、家財)をかけています。火災以外にも保険金が支払われるケースがあると聞いたのですが、具体的にどんな時に保険金が支払われるのでしょうか。【A】火災保険は、火災のみを補償すると思われがちですが、実際には、必須付帯として「火災、落雷、破裂・爆発」が補償されます。…
MORE >
在宅者に熱海移住をPR 新型コロナ、外出自粛ムードをプラスに
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国的に外出自粛ムードが漂う中、熱海市の女性らが4日、テレビ会議システムを活用して移住先としての熱海の魅力をネット配信する「移住ツアー」を実施した。各種イベントが軒並み中止になり、観光業を中心に打撃を受けている同市。メンバーは「こんな時こそプラスの可能性を発信し…
MORE >

Pick up ピックアップ

静岡市葵区人宿町

ルモマン(Vin et Dessert le moment)

女性ソムリエが営むワインとデザートのマリアージュがおすすめのワインバー。

静岡市葵区鷹匠

KURENAHA(クレナハ)

ほのかに旬が薫るシンプルな一皿を。カジュアルにお楽しみいただける本格フレンチのビストロです。

沼津市千本港町

うに丼専門店 しば田や

磯の香りととろけるウニの食感。沼津港から仕入れた新鮮なウニや鮮魚をご堪能下さい。

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根

Bakery&Table 箱根

芦ノ湖を眼前に見渡す足湯のある絶景のベーカリー&レストランで、上質な焼きたてパンを召し上がれ。

News ニュース

一覧

摂食障害を克服、体育大へ進学 弓場葉月さん「女子選手の力に」
高校時代に陸上に打ち込む中で陥った摂食障害を克服し、競技に復帰した経験を糧に、この春、新たな道を歩み出す女性がいる。浜松市浜北区の弓場葉月さん(18)。3月に静岡県立浜松工業高を卒業し、県外の体育系大学への進学を決めた。「トレーニング法やスポーツ心理学を学び、同じように悩む女子選手の役に立ちたい」と…
MORE >

Columns コラム

こち女ボイス「卒園・卒業」
自宅近くで、小学校卒業式を終えた帰り道とおぼしき、女の子とお父さんにすれ違いました。新型コロナウイルスの感染拡大と臨時休校。経験のない環境下で巣立ちの日を迎えた親子に、ささやかですが、祝意を込めて笑顔で会釈をすると、お父さんが気付き、笑顔を返してくれました。わが家も長男が保育園を卒園。年明け時点では…
MORE >
「ベビーシッターさん、ありがとう」の巻/子育てコラムあすなろ
平日の朝、長男(2)が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」を同時に発症していることが通院で発覚しました。当然、子ども園には登園できず、病児保育も感染症の子供は利用できない規則。私も夫もその日は急に仕事を休むことができず、祖父母も全員それぞれの仕事…
MORE >

Money おサイフ相談

一覧

火災保険、水災や盗難など付帯も 証券で内容確認を
【Q】40代女性。現在、自宅に火災保険(建物、家財)をかけています。火災以外にも保険金が支払われるケースがあると聞いたのですが、具体的にどんな時に保険金が支払われるのでしょうか。【A】火災保険は、火災のみを補償すると思われがちですが、実際には、必須付帯として「火災、落雷、破裂・爆発」が補償されます。…
MORE >

Enquete LINE アンケート

一覧

<LINEアンケート>男性の育休取得 義務化は賛否二分
改善の兆しがいまだ見えない男性の育児休業取得率。義務化を議論する議員連盟が自民党内に発足したり、小泉進次郎環境相の「育休取得検討」発言が波紋を呼んだりと、社会の関心が急速に高まっている。こちら女性編集室ではLINE(ライン)でのアンケートを行い、男性の育休義務化の是非や取得を巡る考えを尋ねた。■「職…
MORE >

Event イベント

一覧

おすすめ!
コロナ疲れをリセット あざれあ図書室にミニコーナー
静岡市駿河区の県男女共同参画センターのあざれあ図書室は4月上旬まで、ミニ展示コーナー「コロナ疲れをリセット」を展開している。ストレッチや休息法、アロマや漢方の入門書、感情の伝え方を指南する本など、体と心をリフレッシュしたい人にお勧めの本や雑誌約10冊を集めた。いずれも借りることができる。図書室は「コ…
MORE >

静岡市葵区宮ケ崎町

【規模縮小】静岡浅間神社「廿日会祭」

2020年4月1日(水)~5日(日)

三島市大宮町

三嶋大社 稚児健康祈願祭・鎮花祭

稚児行列/2020年4月3日(金)、5日(日) 鎮花祭/4月9日(木)

森町一宮

遠江国一宮 小國神社の桜

見頃/2020年4月上旬 ※天候等により見頃が変わる場合があります

磐田市立野

磐田市香りの博物館 しあわせのリカちゃん展 ~ときめきの香り~

2020年4月4日(土)~6月21日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 3月27日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」