静岡新聞「しずおかMIRUI企業」

Happy Quality(浜松市南区) 農業誰でも挑戦可能に【しずおかMIRUIプロジェクト】(2021/2/27 19:00)
人工知能(AI)を使用した水やりシステムなど先端技術を農家に導入し、水耕栽培による高品質なトマトやメロンの安定生産を後押しする。代表の宮地誠さん(46)は、浜松市内の青果市場で働く中で、生産減や担い手不足など農業の衰退を痛感した。「新規就農…
SHINCOQ(三島市) 天然素材でアロマ開発【しずおかMIRUIプロジェクト】(2021/1/28 08:42)
ペパーミントやラベンダーなどの天然素材100%のアロマオイルを2018年に開発した。「SHINCOQ(シンコキュウ)」のブランドで、毎日使うハンドソープなどの新商品づくりを進める。代表の田中千代さんは、雑貨販売業で慌ただしい日々を過ごす中で…
静岡県産食材のカレー開発 ワイン食堂ぐるまん(静岡市葵区) 自宅でレストランの味【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/12/19 12:00)
カツオ、ワサビなど静岡県産食材にこだわったレトルトカレーを10月に開発。自宅でレストランの味を再現できるように具材や調理法に工夫を重ねた。カレーは主にランチタイムに提供している看板メニューの一つ。レトルトの商品化は以前から考えていたが、新型…
古民家に宿泊部屋 満緑カフェ(静岡市葵区)、中山間地の魅力を発信【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/11/21 18:15)
自然に囲まれた中山間地域の魅力を発信しようと、静岡市葵区の玉川地区でカフェを営んでいる築100年の木造家屋をさらに改築し、宿泊施設を設ける。2021年のオープンを目指す。同地区出身の河合舞さんは16年に家屋を改装して週末限定の「満緑(みりょ…
室内でワサビ栽培 動画配信にも挑戦 山本食品(三島市)【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/10/21 08:50)
ワサビ加工品製造の山本食品(三島市)は、運営するワサビをテーマにした観光施設「伊豆わさびミュージアム」(函南町)に自然の状態に近いワサビ田を設置した。新型コロナウイルスの感染拡大で観光客が減る中、世界農業遺産に認定された水ワサビ栽培の魅力を…
軽さと強度兼ね備えたマグネシウムの合金製品 マクルウ(富士宮市)【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/9/12 13:00)
鉄の4分の1という軽さで、丈夫さも兼ね備えたマグネシウムの合金加工に特化し、いすなどの家具やつえを製造・販売。ドローンやスピーカーなど音響機器向けの部品供給も手掛ける。安倍雅史社長(78)が2003年、当時経営していた鋼管加工会社でマグネシ…
「わさび田」店内に、新たな誘客の一手 函南のミュージアム(2020/8/28 09:30)
函南町の伊豆わさびミュージアムを運営する山本食品(三島市)は、ワサビの栽培や生育を間近で見学できる「わさび田」を店内に開設する。インターネットで支援を募るクラウドファンディング(CF)も展開し、9月中のオープンを目指している。昨年の台風19…
地場品ジェラート発信、6次産業の商品ブランド化 NORI(藤枝市)【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/8/13 09:49)
地場特産の農水産物を6次産業化した商品ブランド「NORIandERI(ノリ・アンド・エリ)」を立ち上げた。香りが特徴の抹茶やミカンを使ったドレッシング、イチゴやオリーブのジェラートなど地元食材の魅力を生かした商品を開発。品ぞろえを増やして、…
少人数型の結婚式 コスト抑え選択肢提案 SKプランニング(静岡市)【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/7/18 09:09)
結婚式に費用をかけられない、結婚しても式を挙げないカップルが増える中、リーズナブルな値段で結婚式を挙げられる式場マメゾン(静岡市駿河区)がオープンした。出席者6人から挙式可能で、30人の出席でも披露宴と合わせて費用を100万円以内に抑えるこ…
こんにゃくミート 伝統の製法、健康志向に応える こんにゃくラボ(焼津市)【しずおかMIRUIプロジェクト】(2020/6/4 09:47)
低カロリー、低糖質のこんにゃくの長所を生かした食品開発で新しい顧客を獲得しようと、老舗専門店の岩崎蒟蒻(こんにゃく)店(焼津市)と倉島食品(森町)が共同会社「こんにゃくラボ」を立ち上げた。こんにゃくと牛すじなどを使った健康志向のレトルト食品…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿