知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

34年の歴史に幕 ホテル九重振り返る

 浜松市西区舘山寺町の高級旅館「ホテル九重」が10月末で営業を終了します。浜名湖エリアの観光業をけん引してきた地域のシンボル的存在が34年の歴史に幕を下ろします。惜別の思いを込め、振り返ります。
 〈静岡新聞社編集局TEAM NEXT・吉田直人〉

コロナ影響 建物は解体、跡地利用未定

 遠州鉄道は15日の取締役会で、グループの遠鉄観光開発が運営する浜松市西区舘山寺町の高級旅館「ホテル九重」の営業を10月で終了することを決めた。1987年の開業以来、団体客を中心に全国から集客し、浜名湖エリアの観光をけん引した。老朽化した建物は11月から約2年をかけて解体するが、跡地利用策は未定。コロナ禍からの巻き返しを図る舘山寺地区の観光関係者にとって、象徴とも言える施設の閉鎖は大きな痛手となる。

10月末の営業終了が決まった「ホテル九重」=15日午後、浜松市西区
10月末の営業終了が決まった「ホテル九重」=15日午後、浜松市西区
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年4月から約1年半にわたり休業していた。同日の記者会見で遠鉄の丸山晃司専務はコロナの影響に加え、顧客ニーズの変化、休業期間中の施設の急速な老朽化を閉鎖の要因に挙げた。「舘山寺地区にとっても、遠鉄グループにとっても非常に重要な場所。跡地は売却しない。コロナ後の社会の変化を見据え、地域のために有効な活用策を考える」と述べる一方、具体的な再生計画は決まっていないと説明した。
 コロナ禍前の従業員約150人はグループ内で配置転換済みという。
 浜名湖畔にある同ホテルは10階建て86室で、総工費約100億円。高級和風旅館のコンセプトで高い知名度を誇り、開業以来、約255万人が宿泊した。売上高40億円を達成した1991年度をピークに、団体旅行から個人旅行へのシフトに伴って来客数は徐々に減少した。2006年度に20億円規模の館内改修で挽回を図ったが、19年度は売上高18億円と開業初年度を除いて最も落ち込んだ。
 遠鉄観光開発の河合正志社長は「施設が大規模で個人向けには一気に切り替えられなかった」と述べた。
 舘山寺温泉観光協会によると、平成に入った1989年以降、舘山寺温泉街で大型宿泊施設の閉鎖は初めて。
〈2021.10.16 あなたの静岡新聞〉

地元に衝撃... 落胆、惜別 

 浜松市や浜名湖の観光をけん引し、舘山寺温泉街のシンボル的存在だった高級旅館「ホテル九重」(同市西区)の営業終了が発表された15日、地元に衝撃が広がった。コロナ禍で昨春から休業状態だっただけに、観光や飲食関係者からは「やはり閉鎖か」との落胆とともに、昭和のバブル期などにぎわった時代を懐かしみ、残念がる声も聞かれた。

ホテル九重に続く入り口。立ち入り禁止の張り紙やバリケードが設置されている=15日午後、浜松市西区の舘山寺門前通り
ホテル九重に続く入り口。立ち入り禁止の張り紙やバリケードが設置されている=15日午後、浜松市西区の舘山寺門前通り
 温泉街メインストリートの商店主らでつくる門前通り振興会の新村浩利所長(74)は「寂しくなるなあ」と肩を落とした。1980~90年代のバブル期は、毎日のように団体客を乗せた観光バスが九重に到着し、商店街も繁盛した。2年前に代表を長男に継いだウナギ料理店「松の家」は当時、忙しさを極めたという。「九重の知名度が地域を引っ張ってくれた」と感謝する。
 「大変残念だ」と語るのは、1919年創業で地区最古の歴史を持つ旅館「山水館欣龍」の新村有司社長(45)。87年に山水館の向かいに開業した九重は高級和風旅館の風格があり、囲碁の碁聖戦の対局場になったほか、皇族や著名人も立ち寄った。「九重がリーダーシップを発揮してくれたから頑張れた」と話す一方、休館中の九重敷地内に続く入り口に設置されたバリケードや、今後の九重を巡って飛び交うさまざまなうわさが舘山寺のイメージを損ねないかと心配していたという。「解体が決まり、すっきりした気持ちもある」と明かす。
 跡地を売却せずに活用を検討するとした遠鉄の方針に、舘山寺温泉観光協会の佐藤英年専務理事(81)は「コロナが落ち着き、時が来たら観光に生かしてくれるだろう」と期待を込めた。協会は、湖を挟んで九重の向かいにそびえる大草山(標高113メートル)の整備に取り組んでいる。「一等地を再び利用してもらえるよう振興に努めたい」と語った。
 一方、別の地元関係者からは「1年半も休館した上で跡地を更地にするだけでは困る。遠鉄には今後の方針を早く示してほしい」との苦言も聞かれた。
〈2021.10.16 あなたの静岡新聞〉
 

舘山寺地区の魅力振り返ります

 ■「足湯」でほっと一息/浜名湖産の佃煮に舌鼓

道路沿いのダイダラボッチの足湯。誰でも気軽に温泉を楽しめる
道路沿いのダイダラボッチの足湯。誰でも気軽に温泉を楽しめる
  秋晴れの高い空、さわやかな風に誘われて浜名湖を望む景勝地、浜松市の舘山寺を訪ねた。昭和三十三年開湯した温泉街は旅館や飲食店が軒を連ね、レトロな雰囲気を醸し出す。「そぞろ歩き」をうたって足湯や遊歩道の整備を始め、にぎわい復活に踏み出した観光地の新旧の見どころを紹介しよう。

  ▼絵馬に願い
 温泉街を進んだ半島の先端、舘山(たてやま)の中腹に舘山寺がある。約千二百年前、弘法大師によって開かれた曹洞宗の禅寺。名前の通り「舘山寺温泉」の由来となった寺だ。本堂の隣のお堂に、たくさんの絵馬に埋もれるように地蔵がまつられていた。
photo01
縁結びの願いを込めてかけられた、たくさんの絵馬
 「縁結びのおじぞうさん」。絵馬の表に「心」の文字と鍵の絵が描かれている。舘賢聖副住職(39)は「こうありたいと思う気持ちが心から逃げないよう鍵をかける。昔からこの絵。毎年絵馬をかけに来てくれるカップルもいます」と話す。
 裏には良縁を望む男女の願いのほか、二人でロースクールを目指すカップルの誓い、子供の幸せを祈る親心にあふれた絵馬もある。温かい気持ちになった。
 
 半島西側の湖畔には、北原白秋が昭和七年十月に詠んだ歌碑が建つ。

   舘山寺松山穏し湖を来て
  ここは小春の入江さざなみ
 
photo01波打ち際にたたずむ北原白秋の歌碑  
 温泉街ができる以前に白秋も眺めた景色。そのころとはずいぶん変わっただろうか。“小春”というより、幾分汗ばむ陽気だが、寄せては返す穏やかな波を見ながら、しばし思いをはせた。
 
 ▼脂乗るハゼ
 温泉街の通りは、平日の昼間とあって人通りも少ない。閑散とした印象は否めないが、街角に店を構える佃煮の老舗「まるとう」は観光客が絶えない。浜名湖産の小ハゼ、セイゴをはじめ、三十種類以上の魚介を佃煮や甘露煮にして販売している。
photo01
ハゼの甘露煮を詰める親子連れ=まるとう佃煮
 
 ハゼの佃煮はかみしめるほど、甘みが出てくる。新米のご飯が進みそうだ。「無添加で昭和二十二年の創業当時からの味を守っている。秋のハゼは脂が乗ってきます」と野中敏工場長(53)。ことしは豊漁だったため、甘露煮の千円詰め放題のサービスを始めた。
 親子連れが楽しそうに詰めていた。
   店を出て温泉街を歩いていると、若い女性のにぎやかな声が聞こえてきた。遠鉄ホテルエンパイア「ダイダラボッチの湯」のそばに今月オープンした「足湯」からだ。
 地下一八五〇メートルからゆう出する100%天然温泉。東京や大阪から舘山寺に集合したという五人組は「のぼせない熱さだね」「お湯が柔らかくて気持ちいい」と言い合う。
  入ってみると、疲れた足を休めるにはちょうどよい温かさ。道路沿いで車が往来するが、のれんが目隠しになって気にならない。朝六時半から夜九時半まで、誰でも無料で入れるのがうれしい。
  疲れも回復し、ロープウエーで大草山を目指した。徐々に上っていくロープウエーから、舘山寺温泉の全景が見えてきた。
 
  ▼大パノラマ
 山頂にある浜名湖オルゴールミュージアムの屋上展望台は三百六十度のパノラマだ。引佐地域の山並みから遠州灘まで見渡せ、あらためて浜名湖の広さを実感した。
photo01
舘山寺温泉街をはじめ、浜名湖、遠州灘まで望める=浜名湖オルゴールミュージアムの屋上展望台
 同ミュージアム職員の山本奈穂さんが「浜名湖が一番よく見えるのは大草山ですね。冬は富士山も見えますよ」と教えてくれた。眺めを楽しんでいると、カリヨン(組鐘)が正午を打ち鳴らした。大小十八個の鐘が奏でる「ユーモレスク」は圧巻だった。
 大草山は今年、ブライダル衣装デザイナー桂由美さんの「恋人の聖地」に選ばれた。舘山寺で縁結びを祈願し、成就したら大草山の眺望へ。新旧のスポットが向かい合い、舘山寺を訪れる人々を優しく見守っているようだ。
 
 ■甘み満点、天然フグ/ガーベラの摘み取り人気
  舘山寺温泉再生の強い味方、遠州灘の天然トラフグがシーズン入りした。高級なイメージがあるフグを、手ごろな値段で味わえる。ホテル九重で「てっさ」の盛りつけの様子を見せてもらった。
photo01
フグの「てっさ」を仕上げる豊田調理長=ホテル九重
 豊田周弘調理長(52)が切り身を専用の包丁で約一ミリの薄さに切り分けていく。ひと皿になんと百二十枚。皿に菊の大輪が咲いたようだ。「遠州灘のトラフグは甘み、透明度がある。身の締まりも抜群」と太鼓判を押す。
  浜名湖花博の盛り上がりを絶やすまいと、地元農家も協力する。フグに添えるネギを栽培する「あっとファーム」牧田雅規代表(42)はガーベラの生産農家に掛け合い、昨年六月から摘み取り体験を始めた。
  ハウスには色とりどりのガーベラが一年中、花を咲かせる。これまでに体験者は一万人を超えた。牧田さんは「浜松がガーベラの生産日本一だということを多くの人に知ってもらいたい。細かく水切りすれば、長い間咲きますよ」と話す。
 
〈2006.10.14 静岡新聞夕刊〉※表記、肩書きは掲載日時点

囲碁棋聖戦の舞台にも

 井山裕太碁聖に村川大介八段が挑戦する静岡新聞創刊75周年・SBS開局65周年記念事業「第41期碁聖戦5番勝負第1局」の大盤解説が25日、対局会場の浜松市西区のホテル九重で行われた。

熱心な愛好家が詰め掛けた碁聖戦の大盤解説=2016年6月25日、浜松市西区のホテル九重
熱心な愛好家が詰め掛けた碁聖戦の大盤解説=2016年6月25日、浜松市西区のホテル九重
  囲碁界初の全七冠同時制覇を果たした井山碁聖の対局にファンの関心は高く、県内を中心に熱心な愛好者200人以上が詰め掛けた。瀬戸大樹八段と平岡由里子アマ六段が登壇し、瀬戸八段は次の一手の予想や対局者2人の人となりなどを交えながら解説した。
  浜松市北区細江町の鵜飼重夫さん(81)は「井山さんの碁を楽しみに来た。解説も丁寧で分かりやすい」と述べ、妻の登志枝さん(80)と最前列で盤上の攻防を見守った。
  熱戦の末、井山碁聖の勝利が決まると、会場からはどよめきが起こった。最後まで観戦した浜松市中区の請井一義さん(67)は「井山碁聖が負けると思ったが、やはり粘り強い」と感想を語った。
〈2016.06.26 静岡新聞朝刊〉※表記、肩書きは掲載日時点