知っとこあなたにおすすめ

〈 コロナワクチンで不妊「根拠ありません」 〉

 「ワクチンで不妊になる」「接種すると流産する」-。SNSなどでこのような投稿を見て、新型コロナウイルスのワクチン接種に不安を感じている女性もいらっしゃるかもしれません。日本産婦人科感染症学会がまとめたQ&A集をもとに、専門家の見解をご紹介します。
 ⇒日本産婦人科感染症学会がまとめたQ&A集(元資料)
※このまとめの中での「ワクチン」「新型コロナワクチン」は、新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)を示します。

ワクチン試験中に妊娠した人も

ワクチンで不妊になるという科学的根拠は全くありません
ワクチンで不妊になるという科学的根拠は全くありません
Q ワクチンで不妊になることはありますか?これから妊娠を考えているのですが、新型コロナワクチンを接種しても大丈夫でしょうか?

A 新型コロナワクチンで不妊になるという科学的な根拠は全くありません。
これまでにある他の病気のワクチンでも、接種によって不妊となった例はありません。

ワクチンを接種した後に、その成分が体内でどのように広がるのか調べるために、ラベルしたワクチンをラットに接種した実験では、ワクチンはほとんど卵巣には到達しません(全体の 0.095%以下)。

接種したワクチンの多くは接種した局所に留まり、接種部位外では肝臓に多く集まりました(接種した量の約18%)。ラットにワクチンを接種した後に交配し、妊娠させた実験でも、ワクチンを接種したグループと接種していないグループの間で妊娠率、赤ちゃんの数に差はありませんでした。

また、ヒトでもワクチンの臨床試験中に妊娠した人や、着床前にワクチンを接種して問題なく妊娠が継続した人もいます。

妊娠12週までを避けて接種を

母親や赤ちゃんに流産など何らかの重篤な合併症が発生したとする報告はありません
母親や赤ちゃんに流産など何らかの重篤な合併症が発生したとする報告はありません
Q 妊娠中の女性は新型コロナワクチンを接種しても大丈夫でしょうか? 流産することはありますか?

A 妊娠中の女性でも 新型コロナワクチンを接種して大丈夫です。すでに多くの接種経験のある外国の情報では、妊娠初期を含め、妊婦とおなかの赤ちゃん双方を守るとされています。また、お母さんや赤ちゃんに流産などの何らかの重篤な合併症が発生したとする報告もありません。

妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に後期の感染ではわずかですが重症化しやすいとされています。

アメリカで新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた35691人の妊婦の調査によると、発熱や倦怠感などの副反応の頻度は妊娠していない女性と同程度でした。

また、ワクチンを接種した後に妊娠を完了した827人のデータによると、流産、早産、胎児の発育遅延、先天奇形、新生児死亡が起きる確率は、ワクチンを接種していない妊婦と変わりませんでした。

イギリスからもワクチンを接種した妊婦と接種していない妊婦の流産率は変わらないとの報告があります。
 
Q 妊娠のいつの時期に接種した方がいいのでしょうか?

A いつの時期でも接種可能です。心配な人は器官形成期(妊娠12週まで)を避けることをお勧めしていますが、現時点で明らかなワクチンによる催奇形性(胎児に奇形が起きること)の報告はありません。
また、地域の流行状況にもよりますので、主治医に相談してください。
 
Q 妊娠中にワクチンを接種して、熱が出たらどうしたらいいですか?

A アセトアミノフェンは服用して構いません。 その他の解熱鎮痛剤は妊娠中に服用を避けたほうがいいものもあります。主治医に相談してください。
 
Q 出産などでワクチンの接種間隔が延びてしまいそうです。大丈夫でしょうか?

 A 接種間隔が延びても問題ありません。
新型コロナウイルスワクチンは3週間(ファイザー社)もしくは4週間(モデルナ社)の間隔を開けて2回接種することになっています。

しかし、出産などで、接種間隔が止むを得ずあいてしまうこともあります。接種が可能になったたら、なるべく早く2回目の接種を受けてください。

なお、標準の接種間隔を超えた場合の効果は十分に検証されていませんが、WHO、アメリカやEUの一部の国では、接種間隔が延びてしまった場合でも、1 回目から6週間以内に2回目の接種をすることを目安として示しています。
 
Q 妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの合併症がある場合でも、接種して大丈夫でしょうか?

A 個人により合併症の状況は異なります。事前に産婦人科の主治医に相談してください。一般的に、合併症があると、新型コロナが重症化するリスクが高くなります。可能であれば接種を検討してください。

赤ちゃんを守る効果が期待できる

Q 不妊治療中ですがワクチンを接種できますか?

A 不妊治療中でも、接種できます。接種後は発熱などの副反応が出る可能性がありますので、可能であれば妊娠前の接種を検討してください。

Q 妊娠中に新型コロナワクチンを接種すると、赤ちゃんに免疫が移行しますか?

A 抗体が胎盤を通って、赤ちゃんに移行するので、産後に赤ちゃんを感染から守る効果が期待できます。

Q ワクチン成分や接種後にできる抗体が胎盤を攻撃すると聞きました。本当ですか?

A ワクチンの成分や接種後にできる抗体が胎盤を攻撃することはありません。
ファイザー社の元社員が、「胎盤を形成するシンシチン-1というたんぱくとスパイクたんぱくが似ているため、スパイクたんぱくの抗体がシンシチン-1も攻撃する」と主張しました。しかし、スパイクたんぱくの抗体が反応する部分のアミノ酸の配列とシンシチン-1のアミノ酸配列は似ているところが少ないことがわかりました。また、実際にそのような反応が起きたことは確認されていません。
 
Q 授乳中の女性は新型コロナワクチンを接種できますか?ワクチンを接種したらミルク(人工乳)に変更した方がよいですか?母乳から赤ちゃんに免疫が移行しますか?

A 接種できます。新型コロナワクチンを接種したことを理由にミルク(人工乳)に変更する必要はありません。ワクチンは母乳中に分泌されませんが、抗体が母乳中に分泌されるので、赤ちゃんを感染から守る効果が期待できます。

84人の授乳中のお母さんの新型コロナワクチン接種後の母乳を調べた研究では、1回目の接種の2週間後には61.8%、2回目の接種の1週間後では86.1%の母乳中に抗体が検出されました。

生理に直接的な影響なし

ワクチンは月経には直接的には影響しません
ワクチンは月経には直接的には影響しません
Q 新型コロナワクチンが女性の健康に長期的な影響を与える可能性はありますか?

A 投与されたmRNAは短期間に分解され、接種されたヒトの遺伝子に入ることはないので、長期的な影響はないと考えられています。
 
Q 生理中にワクチンを接種してもいいでしょうか?

A 問題ありません。生理痛に対し、痛み止めの薬を飲んでいる人は、ワクチンの接種後の痛みや発熱に対して解熱鎮痛剤を飲む場合には同じような内容の薬を飲むことになりますので、薬の量が過剰にならないように気をつけてください。
 
Q ワクチンで月経不順や経血量が増えることはありますか?

A ワクチンが直接的に月経(生理)に影響を与えることはありません。副反応のストレスや、発熱などがあった場合、その影響で月経がずれたり、量が変化したりすることがあるかもしれません。
 
Q 経口避妊薬を飲んでいてもワクチンを打つことができますか?

A ワクチンを打つことができます。ワクチンにより血栓ができるとの報告はありません。心配な場合には主治医と相談してください。
 
Q ワクチン接種者に近寄ると感染すると聞きました。これは本当ですか?
A 本当ではありません。ワクチンにはウイルスのメッセンジャーRNA(mRNA)の一部のみが含まれていますので、感染力のあるウイルスが接種者から放出されることはありません。