知っとこあなたにおすすめ

〈 3時のアフタヌーンクリップ 〉

 こんにちは。7月22日(木)海の日、午後3時を回りました。五輪ソフトボールは、日本代表が1次リーグ2連勝です!
 この時間の〈知っとこ〉は定番の「アフタヌーンクリップ」です。コーヒーや紅茶を片手に気軽に読めそうな話題を4つピックアップしてお届けします。
 〈静岡新聞社編集局TEAM NEXT・尾原崇也〉

果汁たっぷり ユズビール♡ 川根本町の特産物活用 KAWANEホールディングス

 しずおか食セレクションに認定されている「川根本町ゆず」をPRしようと、KAWANEホールディングス(同町)が県内のクラフトビール製造会社と連携し、ユズビールを開発した。22日から町内の飲食店や宿泊施設で提供する。

栓を開けたときに広がるさわやかな香りが特徴のユズビール=川根本町内
栓を開けたときに広がるさわやかな香りが特徴のユズビール=川根本町内
 KAWANE―が指定管理者として運営する「ウッドハウスおろくぼ」で宿泊者に町の特産物をいかした品を提供できないかとビールの開発に着手。牧之原市の「池田屋麦酒」との共同開発で製品が完成した。
 ビールにはユズの果皮、果汁をふんだんに使用した。KAWANE―の浜谷友子取締役は「栓を開けたときに広がるユズのさわやかな香りが特徴」と話す。450本限定。
 ウッドハウスおろくぼのほか、フォークノット・カフェ・スター(千頭)、カフェうえまる(同)、レスト&コーヒー 湖上駅カフェ(奥大井湖上駅)、三ッ星村(下泉)、求夢荘(寸又峡温泉)で提供する。大井川鉄道千頭駅の売店にも並び、一本880円(税込み)。

学校のお便り、行事 ネットで保護者に連絡 富士宮のIT企業開発 教員負担軽減

 富士宮市野中のIT企業「EGエンジニアリング」(芝切祐貴代表)がネット上で学校と保護者、児童生徒の3者間での情報共有に特化した教育用ICTツール「スクジュール」を開発した。芝切代表自身も教師だった視点を生かして学校現場の負担軽減を目的に設計。2021年度から地元の井之頭小などで導入が始まった。

新たに導入した教育用ICTツールを開く教員=富士宮市の井之頭小
新たに導入した教育用ICTツールを開く教員=富士宮市の井之頭小
 同ツールは3者をネット上でつなぎ、円滑な情報共有ができるシステム。これまで紙で配ってきた学校からのお便りや行事予定をネット上で一元管理し、保護者らに直接届けられるほか、児童生徒の学習記録の共有や保護者からの欠席遅刻早退の連絡をスマホやパソコンから可能にした。
 新たに導入した井之頭小で1年生クラスを担当する田村成教諭は「お便りを配る帰りの会は時間が少ない。保護者への連絡も多く、子どもたちを介さずに直接届けられるのは安心」と語る。望月泰司教頭は「職員の手間が削減できることで、子どもに掛ける時間が増える」と期待する。地域との関わりが深い井之頭小中では住民に配る資料も多い。住民向けにも、プリント配布と併せてツールの活用を広げていくという。
 都内や県内の高校で約12年間、教壇に立ってきた芝切代表は「生徒を思うあまり自分を捨てて仕事に励む教員は多い」と振り返る。「テクノロジーの力で少しでも先生の職場環境が改善できれば」と願いを込めた。

交通死者40人 過去最少 静岡県内上半期

 静岡県警が21日発表した2021年上半期の県内交通事故発生状況によると、死者は前年同期比14人減の40人で、統計を取り始めた1953年以降で最少だった。死者のうち高齢者が12人減の20人で半数を占めた。

上半期の交通事故死者数の推移
上半期の交通事故死者数の推移
 件数は348件減の9427件、負傷者は522人減の1万1901人と、前年を下回り、死者を含めた「トリプル減」となった。県警交通企画課は分析に基づく取り締まりやパトロールの強化、安全支援機能を備えたサポートカーの普及などが要因とみる。
 同課によると、死者の状態別では歩行者が14人(前年同期比4人減)と最も多く、自動車13人(3人減)、自転車9人(2人増)、自動二輪車4人(8人減)と続いた。高齢者は、歩行者が7人減の9人、自転車が4人増の7人、自動車が5人減の4人。
 同課の担当者は「6月以降は飲酒事故が増加している。4連休や夏休みは飲酒の機会が増える可能性があるので、取り締まりに力を入れる」と話した。

大井川花火 今年も中止 3年連続 島田市観光協会

 島田市観光協会は21日、今夏の開催を予定していた第34回大井川大花火大会を中止すると発表した。新型コロナウイルスの影響から安全の確保が難しいと判断した。

大井川両岸から約8千発を打ち上げる大井川花火大会=2018年8月10日、島田市内
大井川両岸から約8千発を打ち上げる大井川花火大会=2018年8月10日、島田市内
 2019年度は大井川の増水を受けて中止し、20年は新型コロナの影響で見合わせたことから、中止は3年連続。