知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

どうなる? 浜松の聖火リレー

 浜松市は市内で新型コロナウイルス感染が拡大している状況を鑑み、東京五輪聖火リレーを公道で実施するのを中止するよう静岡県に要請しました。23日にリレーの実施が迫る中、どういう方式が考えられるのでしょうか。関連する記事をまとめました。
 〈静岡新聞社編集局TEAM NEXT・尾原崇也〉

公道の代替は... リレー短縮? 公園で? 組織委はコース変更認めず

 浜松市の鈴木康友市長が8日、川勝平太知事に行った市内公道での東京五輪聖火リレーの中止要請。23日の開催日が迫る中、知事は「市民の安全を図るのは市長の責務」と理解を示し、新型コロナウイルス感染が拡大している同市の要請に対応する姿勢を強調した。現段階でのルート変更は困難とみられ、県実行委員会はルート短縮や沿道の公園を活用するなどの代替案を「できれば週内にも決めたい」と検討を急ぐ。

浜松市の聖火リレーコース
浜松市の聖火リレーコース
 市は大型連休後の感染者急増を受け、5月26日から独自の感染拡大警戒宣言を発令している。鈴木市長は「屋外でも密状況にならないよう、市民にお願いしている。病床が非常にひっ迫している中、公道に多くの観客を集めることは宣言と矛盾する」と要請の理由を説明した。
 一方、東京五輪の延期前から決まっていた中区の聖火リレーコース(市役所前―静岡文化芸術大前)沿道に、市はワクチン集団接種会場としてザザシティ浜松西館、アクトシティ浜松展示イベントホール(23日開設)の2カ所を設置した。市民の間には、密状況が発生する場所に接種会場を設けた市の対応を疑問視する声もある。
 このほか、北区のコース(プリンス岬―みをつくし文化センター間)の大部分は天竜浜名湖鉄道の列車での移動を予定している。
 県実行委によると、東京五輪・パラリンピック組織委員会は聖火リレーのコース変更を原則として認めていない。現行ルートから離れた運動公園などへの変更も難しいとみられる。聖火リレーの予定ランナーは中区15人、北区6人の計21人。同委の担当者は「できる限り21人全員に参加してもらえる方法を考えたい」としている。
 県実行委は8日の会合で、県内全体の聖火リレーについては予定通り公道で実施することを確認した。

 ■「予定通り実施を」 「柔軟に対応する」 北区関係者 反応二分 
 突然の中止要請に、浜松市北区の関係者の反応は二分した。市の出先機関である同区役所が要請への理解を示す一方、天竜浜名湖鉄道からは、従来通りの実施を求める声が上がった。
 懸念される一般の見物客は、列車区間の発着駅となる西気賀、気賀両駅周辺やプリンス岬西側湖岸の堤防などでの観覧が予測される。臨時列車には、ランナーのほか関係者のみが乗車する。
 同鉄道の松井宜正社長は市の要請について「寝耳に水。事前の相談がなかった」と困惑。「県の判断を待つしかないが、安全性を確保する準備をしてきたので、ぜひ予定通り実施してほしい」と訴える。同区役所の担当者は「臨機応変に動けるよう備えているので、変更がある場合でも柔軟に対応したい」とした。

 ■他市、感染状況注視し準備 「難しい判断」理解示す
 県内で23~25日に実施される東京五輪聖火リレーで、浜松市が市内区間の公道での実施を取りやめ、他の実施方法に変更するよう県に8日要請したことを受け、他市からは浜松市の判断に理解を示しつつ「地域の新型コロナウイルスの感染状況を注視していかないといけない」と、直前まで気が抜けない状況に戸惑いの声が聞かれた。
 浜松市に隣接する湖西市でも、ゴールデンウイーク明け以降に感染者が急増した。市スポーツ・生涯学習課の担当者は「先行きの想定が困難な中で本番が差し迫り、浜松市の判断は難しかったと思う。市内でも今後の状況を注視しながら準備を進めたい」と話す。
 静岡市は既にコース沿いの自治会に説明を始めている。市スポーツ交流課は「応援の際は大声を出さず、マスクの着用やソーシャルディスタンスを保って見守るようにしてほしい」と呼び掛ける。
 沼津市ウィズスポーツ課も「感染状況によっては市内も公道での実施の可否を考えていく必要はあるが、まだその段階には至っていない」と説明。市は沿道での観覧の注意事項を示したオリジナルのカードを市民に配布する予定で、注意喚起と機運醸成の双方に気を配る。
〈2021.6.9 あなたの静岡新聞〉⇒元記事

静岡県内で初の事態 実施方法は県実行委が協議することに

 東京五輪聖火リレーについて、浜松市の鈴木康友市長は8日、静岡県庁に川勝平太知事を訪ね、新型コロナウイルスの感染リスクが懸念されるとして、23日に予定されている同市内区間(北区、中区)で公道での実施を取りやめ、他の実施方法に変更するよう要請した。川勝知事は同市の感染状況がステージ4(爆発的感染拡大)に近いことを踏まえ、同市内区間については「個別案件として対応する」と述べ、県実行委員会と再検討に向けて協議に入る考えを示した。

川勝平太知事に東京五輪聖火リレーの要請書を渡す鈴木康友浜松市長(左)=8日午前11時ごろ、県庁
川勝平太知事に東京五輪聖火リレーの要請書を渡す鈴木康友浜松市長(左)=8日午前11時ごろ、県庁
 県によると、県内自治体が聖火リレーの再検討を要請したのは初めて。鈴木市長は市感染症対策調整監の矢野邦夫氏らと訪問。聖火リレーの実施により、「沿道に不特定多数の見物客が密集するなど感染リスクが高まることが大いに懸念される」とする要請書を読み上げ、川勝知事に手渡した。市側から具体的な代替案は示さず、実施方法の再検討は県側に委ねた。
 鈴木市長との面談後、川勝知事は報道陣に対し、「今からルート変更はできない。公道は全面中止とするか(コースを)縮めるかしかない」との見方を示した。
 県内聖火リレー初日の23日は第1区間の湖西市から始まり、第2区間は午前9時10分から浜松市北区(プリンス岬―みをつくし文化センター間)で実施。途中、天竜浜名湖鉄道を使って移動する。第3区間は同10時18分から同市中区(市役所前―静岡文化芸術大前)で行い、中心街の鍛冶町通りを経由する。コースや周辺道路では交通規制も実施する。
 同市では大型連休後の感染者急増を受け、5月26日に市独自の感染拡大警戒宣言を発令し、現在も継続している。
 県は鈴木市長の来訪に先立ち、東京五輪・パラリンピック聖火リレーの県実行委員会を県庁で開き、23~25日に県内で開かれる五輪聖火リレーについて、新型コロナウイルス感染症対策を徹底した上で、通常通り公道で実施すると決めた。一方、鈴木市長が要請書を提出予定であることも報告され、「地域の実情に応じた対応を図る必要がある場合は組織委と調整して検討する」との方針を決めた。
〈2021.6.8 あなたの静岡新聞〉⇒元記事

新型コロナ感染者急増 浜松市は独自の警戒宣言を出していた

 浜松市の鈴木康友市長は26日(※5月26日)、大型連休後の市内の新型コロナウイルス感染者数が553人に上るなど感染者が急増している状況を受け、市独自の「感染拡大警戒宣言」を市民に向けて発令した。飲食店への時短要請などは行わず、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置発令地域への不要不急の往来自粛を呼び掛ける内容。大型連休後の感染者のうち、10~20代の若い世代と、在住外国人の割合が急大したデータも公表し、注意を促した。

感染拡大警戒宣言の発令を記者会見で発表する鈴木康友浜松市長(右)=同市役所
感染拡大警戒宣言の発令を記者会見で発表する鈴木康友浜松市長(右)=同市役所
 鈴木市長は、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数など複数の指標で、国が定める「ステージ4(感染爆発段階)」の基準を超えている現状を挙げ、ステージ4の基準を下回った時が警戒宣言解除の目安になるとの見方を示した。家庭内感染が増加していることを説明し、家庭内でもできるだけマスクの着用や手指消毒を行うよう求めた。
 市によると、連休後の7~26日に発表した感染者計553人のうち、10代と20代の割合が計39・6%を占め、昨年12月末の20%程度から大幅に伸びた。鈴木達夫医療担当部長は「(感染力が強い)変異株の感染拡大も一因と考えられる」と述べた。市は学生団体に協力を呼び掛け、会員制交流サイト(SNS)を活用して注意喚起に取り組む。
 一方、外国人が占める割合は4月時点で10%程度だったが、大型連休後は24・8%に急拡大した。市は多言語で感染防止の徹底を呼び掛けるため、就労先の企業などと連携する連絡者会議を設け、防止対策を進める。
 鈴木市長は「(言葉の壁から)情報弱者となり得る外国人市民も含め、市民と危機意識を共有することが重要だ」と強調した。
〈2021.5.27 あなたの静岡新聞〉⇒元記事

静岡県内の聖火リレーは23~25日に22市町を巡る計画 

 新型コロナウイルスの影響で延期された東京五輪聖火リレーに関し、静岡県実行委員会は29日までに、県内区間を走る県選出枠のランナー75人を公表した。公募ランナーは61人で、病死した熱海市の男性を除いて同じ人選とし、補欠だった同市職員加藤瑠璃子さん(36)を新たに選んだ。推薦ランナーは県内ゆかりの著名人4人と中高生グループ1組10人の計14人で延期前と変更はない。

 
photo01
聖火リレー 静岡県内ルート出発地・到着地

県内の五輪聖火リレーは6月23~25日、22市町の26区間を巡る。3月に発表した実施概要に現時点で変更はないが、県は「県内の感染状況によっては組織委員会に諮り、リレーの実施方法を変更する可能性はある」とした。感染拡大防止を理由に公道でのリレーを見合わせ、聖火の到着を祝う式典「セレブレーション」のみ実施する案がある。
 リレーの人選は延期前に決めたランナーを原則維持した。内訳は男性45人、女性30人。このうち障害のある人は19人で、全体の4分の1を占める。最年少は藤枝市の植田心子さん(13)と静岡市の国分遼平さん(13)、最年長は同市の市川綾子さん(90)。
 新たに出場が決まった加藤さんは、県を通して「ランナーとして参加することで友人や職場、地域の子どもに、大会への関心を持っていただけると思う」とコメントした。
 推薦ランナーを務める著名人は、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん(26)=浜松市出身=ら。観客の密集による感染拡大を防ぐため、公道以外の場所を走るという。
 1組10人のグループランナーは、19年の全国中学校体育大会陸上男子400メートルリレーで優勝した当時の町立吉田中陸上部員4人など。
 県選出枠にスポンサー選出枠を加えた総ランナー数は282人となる。
  〈2021.4.30 あなたの静岡新聞〉⇒元記事