知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

牧之原「竜巻」爪痕深く

 前線を伴った低気圧が接近、通過した影響で静岡県内は5月1日、暖かく湿った空気が流れ込み、局地的に大雨が降り強風が吹きました。牧之原市や菊川市、沼津市などで突風による被害が発生。静岡地方気象台は翌2日、最も被害が大きかった牧之原市布引原地区で発生した突風について「竜巻の可能性が高い」と発表しました。ここまでの情報を整理しました。
 〈静岡新聞社編集局TEAM NEXT 松本直之〉

突風 静岡県内120棟超被害 牧之原は「竜巻」痕跡、帯状に

 静岡県内で突風が発生してから一夜明けた2日、牧之原市や菊川市、沼津市で建物計123棟の被害が明らかになった。電柱倒壊や車両横転のほか、農作物の被害も確認された。静岡地方気象台は、最も被害が大きかった牧之原市布引原地区で発生した突風について「竜巻の可能性が高い」と発表した。

突風により散乱したがれきと倒れた電柱=2日午前、牧之原市布引原
突風により散乱したがれきと倒れた電柱=2日午前、牧之原市布引原
 牧之原市では倉庫や車庫など3棟が全壊し、家屋など88棟の屋根が剝がれたり窓ガラスが割れたりする被害が出た。電柱16本が倒壊、車両5台が横転した。布引原地区では建物の屋根のがれきが茶園約15ヘクタールに散乱し、停電の影響で茶工場の製造ラインが停止した。同市勝田、坂部地区でもイチゴなどのビニールハウスが損壊した。菊川市や沼津市でも家屋などが一部損壊した。
 電柱倒壊や電線の断線の影響で、県中西部では最大約3200戸が停電した。沼津市や三島市など県東部でも約2100戸の停電があった。
 気象台によると、牧之原市布引原地区では突風の被害や痕跡は帯状に分布していた。活発な積乱雲の通過や「ゴーという音が移動した」との複数の証言などから、竜巻の可能性が高いと判断した。風速約55メートルと推定され、風の強さを示す基準の「日本版改良藤田スケール」では6段階のうち上から4番目の「JEF2」に当たる。気象台は「これほどの規模の大きさは県内では非常に珍しい」と分析する。

静岡・牧之原の突風 一夜明け復旧作業【動画】

 1日夜に発生した突風で、牧之原市内の被災地域では2日朝から復旧作業が行われた。同市布引原地区では、家屋の損壊が激しく、 根元から倒れた電柱で道がふさがれている場所もあった。男女3人が足の甲をガラスの破片で切るなどして軽傷を負った。


 ■突風猛威「まさか」住民恐怖 がれき飛散、トラック横倒し…爪痕深く
  1日夜に竜巻とみられる突風が直撃した牧之原市の内陸部。一夜明けた2日、爪痕があらわになった。がれきがあちこちに飛散。根こそぎ倒れている電柱も。一部の住宅は割れた窓ガラスで足の踏み場もない。現場は県内最大の茶産地で、茶園の被害も確認。「まさかこんな災害が起きるなんて」。住民は口をそろえて猛威に恐怖感を募らせた。
 最も被害が大きかったのは、東名高速道相良牧之原インターチェンジ周辺の布引原地区。市によると、建物被害が確認された91棟のうち42棟がこの地区という。トラックが横倒しになっている光景も複数箇所で見られた。現地では朝から住民が協力し、がれき撤去などの復旧作業を進めた。
 割れたガラスが床一面に散乱し、大きな家具が倒れた家も。外出していて難を逃れた同地区の遠藤香苗さん(75)の自宅内には、外から窓ガラスを突き破って飛んできたとみられる屋根瓦も数多く床に散らばっていた。遠藤さんは「想像を超える被害。もうこの建物には住めない」と肩を落とした。
 突風被害は同地区から東の勝間田、坂部地区でも確認された。布引原から約7キロ東にある坂部区民センターでは、約25平方メートルの屋根が風で飛び、一部が約40メートル離れた場所に落下した。坂部地区の建物被害は35棟。区長の板倉元さん(72)は「台風でも屋根が飛ぶなんていうことはなかった。区民センター周辺では夜間で人がおらず、誰もけがをしなくて本当に良かった」と語った。

突風の進行ルートは? 

竜巻とみられる突風の影響で損傷した家屋の屋根や倒されたトラック。茶畑の上に屋根の一部などが吹き飛ばされていた=2日午前、牧之原市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
 
大きな被害を受けた建物や車など
 
被害のあったエリア/突風の進行ルート

 ■牧之原市が罹災証明書の申請受け付け開始
 牧之原市は2日、突風被害で公的支援を受ける際に必要となる罹災(りさい)証明書の申請受け付けを市総合健康福祉センター「さざんか」で開始した。
 市内4カ所には災害ごみの仮置き場を設けた。場所は牧之原中央町内会集会場空き地、坂部区民センター駐車場、智生寺切下コミュニティセンター、勝田下公民館。3日は午前9時~午後5時に搬入可能。4日以降の場所と時間は市ホームページで公表する。希望者には市内3カ所(牧之原コミュニティーセンター、坂部区民センター、勝間田会館)で、ブルーシートを配布している。

激烈な風 名茶産地襲う【写真特集】

突風の被害を受けた茶畑の上の電線補修作業=2日午前10時5分、牧之原市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
 
割れた瓦などを片付ける人々=2日午後1時時22分、牧之原市布引原
 
飛んできた屋根が巻き付いた建物=2日午前11時ごろ、牧之原市坂部
 
突風の被害を受け屋根の一部が吹き飛んだアパート=2日午前10時8分、牧之原市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)