知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

申請殺到の物価高対策補助金 19日再開 トラブル経緯まとめ

 中小企業を対象にした静岡県の物価高騰対策補助金の申請受付が19日、再開します。11月28日に申請受付をオンラインで開始したところ、申請が殺到。開始1時間半で当初の予算上限に達し、他社の申請内容が閲覧できる状態になる不具合も発生しました。問題を受け、拡充した申請方法や予算額を紹介し、トラブルの原因を解説します。

情報漏えいの原因は製品バグ

 中小企業を対象にした静岡県の物価高騰対策補助金で、オンライン申請の受付開始日に申請者情報の漏えいが発覚し、システムを緊急停止した問題で、県と受託事業者のJTB静岡支店が9日、県庁で記者会見を開いた。アクセス集中を想定して導入したツール(製品)の不具合(バグ)が原因だったと説明し、謝罪した。

静岡県の物価高対策補助金のホームページ
静岡県の物価高対策補助金のホームページ
 事案は申請受付を開始した11月28日に、オンライン上で申請済みの事業者1社の担当者名や資本金、口座、確定申告書などが閲覧できる状態になっていると複数から情報が寄せられ、急きょシステムを停止した。最大5228のIPアドレス数で閲覧された可能性がある。
 同支店によると、申請者が申請状況を把握できる「マイページ」を閲覧する際に、この事業者の情報が表示された。認証ツールと、アクセス集中に備えて導入した情報公開ツールの一部製品との組み合わせで生じたバグだと説明。担当者は「組み合わせて使用する事前検証が不十分だった」と述べ、セキュリティーの不備は否定した。
 県の増田始己経済産業部長は「情報が漏えいした事業者、システム停止で申請できなかった事業者に心配や迷惑を掛けた」と陳謝した。
 不具合が起きた製品の使用をやめてシステムを改修した上で、オンライン申請を今月19日に再開する。12日からは新たに郵送申請も受け付ける。申請の締め切りは23日。システム停止前を含め、23日までの全申請分で審査を行い、補助金の交付先を決めるという。
 〈2022.12.10 あなたの静岡新聞〉

当初は1時間半で予算上限に到達 不具合で受け付けも停止

 静岡県が28日に中小企業を対象にした物価高騰対策補助金の申請受付をオンラインで始めたところ、申請が殺到し、1時間半で予算上限の8億円に達した。その後、他社の申請内容が閲覧できる状態になる不具合が発生し、受け付けを一時停止。コールセンターや県に問い合わせが相次いだ。

ウェブサイトで示した補助金の申請状況(28日午前11時半時点)。受付開始1時間半で予算額上限に達した
ウェブサイトで示した補助金の申請状況(28日午前11時半時点)。受付開始1時間半で予算額上限に達した
 物価高騰の影響で発生した機材購入費や広告費などの経費の3分の2、最大50万円を助成する内容。県経営支援課によると、午前10時に申請受付を開始し、11時半に確保した予算8億円を超えた。
 正午前、複数の申請者から県に「他社の申請情報が閲覧できる」と情報が寄せられ、受け付け手続きを停止した。この時点で申請額は10億円(約2700件)に達していた。
 申請できなかった事業者のために後日、申請日を1日設ける。この日申請した事業者と合わせて抽選を行い、交付先を決定する。担当者は「想定以上に申請が殺到した」と話したが、サイトの不具合との因果関係は分かっていないという。
 サイトは委託業者が運営していて、不具合の原因や漏えいした情報の範囲を調べている。
 同補助金については県議会12月定例会に2次募集用の予算10億円を盛り込んだ補正予算案を計上する予定。財源は国の臨時交付金を活用している。
 〈2022.11.29 あなたの静岡新聞〉

補助金総額55億円に増額 郵送申請も可能に

 静岡県は中小企業に向けた物価高騰対策補助金の予算額を増やし、県議会に9日提出した追加の12月補正予算案に経費約37億3千万円を盛り込んだ。9月補正予算と、提出済みの12月補正予算案分を含め補助金総額は55億円に上る。県はシステムの不具合で停止中のオンライン申請を19日に再開し、新たに郵送での申請も12日から開始すると発表した。締め切りはいずれも23日。

静岡県庁
静岡県庁
 オンライン申請は事前登録が必要で、県は登録を済ませた事業者数約1万1千件を目安に予算額を確保した。先着順とせず、受付停止前と、再開後の申請分を公平に扱う方針。申請額が予算額を上回った場合はさらなる追加も検討するという。
 同事業は、物価高騰の影響で2022年4月から23年1月末までに支出した機材購入費など費用の3分の2、最大50万円を助成する。県は支出の対象期限も23年2月末に延長。募集期間を当初の2回から1回に変更した。
 同補助金を巡っては、11月28日の申請受け付け開始直後に9月補正予算分の8億円を超え、システム停止までの間に2700件約10億円を超える申請があった。
 〈2022.12.9 あなたの静岡新聞〉