知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

家康の正室「朝日姫」眠る 静岡・瑞龍寺って

 豊臣秀吉の妹で徳川家康の正室の一人「朝日姫(旭姫)」の墓がある静岡市葵区井宮町の瑞龍寺。檀家有志が創建460年と朝日姫の没後430年の節目にあわせ、寺史をまとめました。瑞龍寺はどんなお寺なのか、朝日姫がどんな人物だったのか、1ページにまとめました。
 →家康の生涯【年表】
〈キュレーター:編集局未来戦略チーム 村松響子〉

檀家有志が編さん「寺の歩み、朝日姫の存在知って」

 徳川家康の正室の一人「朝日姫(旭姫)」の墓がある静岡市葵区井宮町の瑞龍寺は、同寺の約460年に及ぶ歴史をまとめた「瑞龍寺史」を刊行した。朝日姫の生涯や、同寺が歩んだ時代背景を解説している。

刊行された「瑞龍寺史」を手にする寺史調査委員会のメンバーら=静岡市葵区の瑞龍寺
刊行された「瑞龍寺史」を手にする寺史調査委員会のメンバーら=静岡市葵区の瑞龍寺
 朝日姫は豊臣秀吉の妹に当たり、家康の最初の正室だった築山殿の後継を務めた。そのような縁から、同寺には朱印状など秀吉や家康ゆかりの寺宝も現存している。
 同寺は1560(永禄3)年に開創。寺史の刊行は、2020年に460年、朝日姫没後430年の節目を迎えたことを記念した事業として進められた。今まで同寺の歴史をまとめた記録がなかったため、文書化して次世代に継承しようと、檀家(だんか)らでつくる護持会役員会の有志で「寺史調査委員会」を立ち上げた。
 明治の大火や戦災で文書が焼失している上、朝日姫に関する文献がほとんどなかった。同委員会のメンバーは図書館などで、地道に収集した資料や文献を参考に編さんした。岩本賢二委員長(74)は「朝日姫の存在や、貴重な寺宝が残っていることを知ってほしい」と話した。
 寺史は同市立中央図書館(葵区)などに寄贈され、閲覧もできる。A5判、173ページ。問い合わせは同寺<電054(271)2634>へ。
 〈2022.8.10 あなたの静岡新聞〉

朝日姫没後430年 節目に天井画「駿河龍神」奉納

 徳川家康の正室「朝日姫(旭姫)」の墓がある瑞龍寺(静岡市葵区)で4月23日、改修工事の完了を祝う落慶法要と天井画奉納の式典が行われた。創建460年と朝日姫の没後430年に当たる2020年に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響により2年遅れでの挙行となった。

奉納された天井画「駿河龍神」を確認する八木さん=静岡市葵区の瑞龍寺
奉納された天井画「駿河龍神」を確認する八木さん=静岡市葵区の瑞龍寺

 20年5月に本堂の屋根瓦ふき替え、諸堂の耐震工事が完了した。同寺の浅井宗芳住職が読経し、出席した檀家(だんか)らが手を合わせ完成を祝った。浅井住職は「皆さんの信仰の場、安らぎの場を目指し守っていきたい」とあいさつした。
 吉田町出身の日本画家八木幾朗さん(66)が描いた天井画「駿河龍神」が奉納された。
photo01
改修工事の完了を祝う法要

  今回、同寺の御朱印帳の表紙に「駿河龍神図屏風(びょうぶ)」がデザインされ、作者の八木さんが屏風に押印した。八木さんは「暗い世の中でこの龍が守ってくれるような存在になれば。これから永久に飾られると思うとうれしい」と話した。(社会部・島田莉菜)
 〈2022.4.24 あなたの静岡新聞〉
 

■日本画家・八木さん 2年半かけ制作

※2022年2月13日あなたの静岡新聞から
 吉田町出身の日本画家で多摩美術大教授の八木幾朗さん(66)が静岡市葵区の瑞龍寺(浅井宗芳住職)に奉納する天井画の制作に取り組んでいる。5・2メートル×4・5メートルの和紙には墨で描かれた鋭い眼光でにらみを利かせる竜が姿を現し、2年半におよぶ作業は大詰めを迎えている。

photo01
天井画の制作状況を浅井住職に説明する八木さん(右)=吉田町内

 本堂内陣に設置される天井画の題名は「駿河龍神」。寺や地域の人々の未来を天高くから支える「守り神」となってくれるよう思いを込めたという。1月下旬には天井画の制作が続く吉田町のアトリエに浅井住職らが集まり、完成間近の天井画に初めて目を通した。
 2020年に寺の開創460年、境内に墓所がある徳川家康の正室「朝日姫(旭姫)」の没後430年の節目を迎えるにあたり、19年8月から同アトリエでの制作が始まった。天井画は完成後、最終的な表装作業を行うため京都に送られ、4月下旬に同寺で開かれる落慶法要でお披露目予定という。八木さんは「歴史あるお寺の財産として、そして多くの人に何かを訴えかける意味のある作品になればうれしい」と話した。(榛原支局・足立健太郎)

 

望まぬ再婚、兄の犠牲に 朝日姫「悲劇の女性」

兄・豊臣秀吉によって徳川家康のもとへ嫁がされた朝日姫。小袖を仕立て直した仏具の打敷などが悲劇を今に伝える=9月25日、静岡市葵区の瑞龍寺
兄・豊臣秀吉によって徳川家康のもとへ嫁がされた朝日姫。小袖を仕立て直した仏具の打敷などが悲劇を今に伝える=9月25日、静岡市葵区の瑞龍寺

 ※2014年10月11日、静岡新聞朝刊「大御所の遺産探し 朝日姫」より

 農民から関白へと駆け上がった豊臣秀吉。兄の天下取りのため、ライバル・徳川家康の2人目の正室とされた悲劇の女性が朝日姫(旭姫)だ。「本人は平凡な一生を望んでいたろうに…」。姫の墓がある静岡市葵区井宮町の瑞龍寺で、浅井宗芳住職(65)が同情を禁じ得ないといった様子でため息をついた。
  話は朝日姫が嫁ぐ2年前、両雄が激突した小牧・長久手の戦いにさかのぼる。圧倒的な兵力を持ちながら、局地戦で敗北を重ねた秀吉。自身に服従しない家康に、さすがの天下人も手を焼いた。では、どうすれば―。
  ひねり出した奇策は世間を仰天させた。既に夫がいた朝日姫を無理やり離婚させ、家康の正室にさせて義兄弟になろうというのだ。あまりの理不尽さに、前夫は憤死したとの説もある。そんな再婚が幸せなはずもなく、心労が重なったのか、朝日姫もわずか4年後に亡くなってしまう。
  太平の世が築かれる過程で犠牲になった朝日姫。「秀吉も家康も、本心は申し訳なく思っていたはず」。姫の死に接した兄と夫の心情を、浅井住職はそうくみ取った。(社会部・薮崎拓也)
 

秀吉や家康ゆかりの寺宝現存 瑞龍寺

 駿河七カ寺の一つで、朝日姫(旭姫、1543~1590年)の墓所。滞在先の京都で死去した朝日姫は東福寺南明院に埋葬されたが、瑞龍寺にも分骨されたという。兄の豊臣秀吉は小田原征伐からの帰途に立ち寄って蒔絵膳(まきえぜん)や朱印状を与え、夫の徳川家康も画僧・吉山明兆が描いた「釈迦三尊像」「十六羅漢絵像」などを寄進したと伝わる。朝日姫が着用した小袖を仕立て直した仏具の打敷なども残る。

瑞龍寺周辺の地図
瑞龍寺周辺の地図
 JR静岡駅前からしずてつジャストライン安倍線または美和大谷線で「材木町」下車、徒歩1分。