知っとこ 旬な話題を深堀り、分かりやすく。静岡の今がよく見えてきます

三島市出身の元幕内・磋牙司さん 活躍を振り返ります

 三島市出身の元幕内・磋牙司洋之(さがつかさ・ひろゆき)さんが現役を引退し、7日に沼津市内のホテルで断髪式を行います。身長164センチの小兵ながら、約18年間にわたって角界で活躍してきた磋牙司さんの現役時代を振り返るとともに、第二の人生に迫ります。
 〈キュレーター:編集局未来戦略チーム 片瀬菜摘〉

「生まれ変わっても相撲を」 向き合い続けた相撲道とは

 大学卒業後の2004年に入間川部屋に入門し、18年間にわたり角界で相撲を取り続けた元幕内磋牙司洋之さん(40)=三島市=が7日、沼津市内のホテルで断髪式に臨む。思うような結果が出ず、もがき苦しみながらも向き合い続けた相撲道とは。磋牙司さんに土俵への思いや、新たな人生に向けた目標を聞いた。

磋牙司さん
磋牙司さん
 ―18年間を振り返って。
 「長かった。全てが大変だった。勝つためにやってきたが、結局は相撲の世界に答えはなかった。常に考え、感覚を磨き続けなくては勝てない。30歳を過ぎてからは体の衰えで勝てなくなったが、引退した今も相撲をやりたい気持ちは変わらない。相撲道を追求し、熱中できたことは幸せだったと思う」
 ―印象的な一番は。
 「7連勝で幕下優勝した2007年名古屋場所の6番目、相手は二つ年上で近畿大から入った元アマチュア横綱の朝陽丸。そこで勝てたことが大きな自信になった。大学時代に伸び悩み、プロになっても癖がなかなか抜けない。後で気付くことだが、足の力が劣っていた。おろそかになっていた押しを鍛え、基本の相撲に立ち返ってつかんだ勝利だった」
 ―昨年、幕下優勝をかけた一番を最後に引退した。
 「元々、引退を決めていた。晩年は血圧や血糖値の数値が悪く、体重をキープするのも難しかった。場所前の体重は10キロも落ちていたが、名古屋でいつも送迎してくれていた人が『相撲を取れ』と言ってくれ、何とか体重を戻して土俵に上がった。6連勝で臨んだ7番目、立ち会いを完全に失敗した。最後の相撲が一番悔しい。思い返せば悔いだらけだが、それだけ相撲が好きだ。生まれ変わっても相撲をやりたい」
 ―今後の目標は。
 「生きづらさを感じる子どもたちの放課後デイサービスをやりたい。現役時代、体が不自由な方々からも多くの手紙で励まされた。恩返しをしたい。そしていつか、子どもから大人まで参加できる相撲クラブも開きたい。相撲は地面に丸を書けばできる身近なスポーツ。動きのトレーニングや体のバランスなど、勝ち負けではない相撲の面白さと奥深さを伝えたい」
 (聞き手=三島支局・金野真仁、東部総局・尾藤旭)

 さがつかさ・ひろゆき 本名・磯部洋之。467勝452敗21休、最高位は西前頭9枚目。三島市立錦田小、錦田中、沼津学園高(現飛龍高)、東洋大を経て角界入り。身長165センチ、最高体重は137キロ。
 〈2022.08.06 あなたの静岡新聞〉

現役時代はどんな力士? 新入幕時の磋牙司さん

のぼりをバックにガッツポーズで喜ぶ磋牙司=岸和田市の入間川部屋宿舎
のぼりをバックにガッツポーズで喜ぶ磋牙司=岸和田市の入間川部屋宿舎
※2010年3月2日 静岡新聞朝刊から
 大相撲春場所(14日初日、大阪府立体育館)の番付発表で東前頭十五枚目となった三島市出身の磋牙司(28)=本名磯部洋之、入間川部屋=は1日午後、大阪・岸和田市の宿舎で記者会見し、新入幕の喜びを語った。

 ■自分の相撲貫き進化
  会見は宿舎となっている温泉施設のパーティールームで行われた。金びょうぶの前で晴れやかな表情を見せた磋牙司は「小さくても相撲が取れることを証明したい。将来は三役を目指したい」と力を込めた。
  三島市立錦田小学4年生の時、市のわんぱく相撲大会で負けた。悔しくて、強くなりたくて、市の相撲クラブに入った。同年代とのけいこではもの足らず、大人とぶつかりげいこを重ねた。道場近くにある約100メートルの坂を毎日のようにすり足で登った。負けず嫌いな少年は2年後、わんぱく相撲で日本一になった。沼津学園高(現飛龍高)2年では全国総体に優勝し高校横綱となった。その時の3位が元横綱朝青龍(高知・明徳義塾高)だった。
  幕内最小兵の166センチ。以前は大相撲に入門するためには身長173センチ以上が条件だったが、2001年から協会が体の小さな希望者を対象とする「第2新弟子検査」を導入したことでチャンスが生まれた。2004年春場所初土俵。他力士との体格差や左ひじなどのけがもあり、昇進まで6年を要した。「少し時間はかかったが、けがを克服したことで自信にもなった」と振り返る。
  幕下と十両を行き来していた1年前、「このままでは何も変わらない」とけいこ量を増やした。身上である立ち合いのスピードと、そこからの押し相撲を磨いてきた。DVDを見るなどで取組の研究も熱心だ。「進化していかなければそこで終わる」。外国人や大型力士全盛の時代に、磋牙司が自分の相撲道で突き進む。


  ■ファンの見方変わる-入間川親方(元関脇栃司)の話
  小さくても努力すれば白星につなげることができる。大型力士との対戦では同じ相撲では勝てないが、相手の下半身を崩せば勝機はある。磋牙司が頑張ればファンの相撲の見方も変わるだろうし、小中学生らの目標になってほしい。


 ■磋牙司一問一答-身長の低さ逆にプラスに
 ―新入幕の実感はありますか。
  「番付表を見て、自分のしこ名が大きく出ていて実感した」

  ―第2新弟子検査出身では豊ノ島以来の2人目の幕内となります
 「身長の低さ(166センチ)を逆にプラスに変えていく。立ち合いを下から鋭く当たって相手にもぐりこみたい」

  ―春場所や将来の目標は。
  「自分の相撲をしっかり取ること。結果は後からついてくるが、2けた勝てるように頑張りたい。将来は三役目指す」

  ―理想としている力士像は。
  「栃ノ海(1960年台の大鵬、柏戸時代の横綱)さんの立ち合いや粘り腰はビデオで見て研究しました」

  ―対戦したい力士は。
  「同級生の豊真将、嘉風。将来は横綱とも対戦したい」

第二の人生は子ども支援に

 昨年の大相撲9月場所で引退した元幕内力士の磋牙司洋之さん(40)=三島市出身=が15日、市役所に豊岡武士市長を訪ね、現役引退と8月に予定する断髪式について報告した。報道陣の取材では「まだ相撲をやりたいぐらい。全てやりきったけど悔いだらけ」と述べ、引退後については「つまずいたり生きづらさを感じたりする子どもをサポートしたい」と語った。

現役引退を報告し、今後の目標を語る磋牙司さん(左)=三島市役所
現役引退を報告し、今後の目標を語る磋牙司さん(左)=三島市役所
 磋牙司さんは同市の錦田小、錦田中を経て飛龍高で活躍した。東洋大を卒業後に入間川部屋へ入門し、身長164センチの小兵ながら約18年間にわたって角界で精進を重ねてきた。最高番付は前頭9枚目、生涯戦績は467勝452敗21休。
 現役時代からさまざまな悩みを抱える子供らと接する機会があり、「手紙をもらって逆に励まされた。今度は応援する立場になりたい」と述べた。いずれは三島で「放課後デイサービス」のような仕事を志すとし、福祉施設などで「しっかり勉強したい」と話した。
 豊岡市長は「長い間お疲れ様でした」とねぎらい、今後について「希望を持てない子どもの味方になってサポートしてほしい」と期待を込めた。
 〈2022.06.16 あなたの静岡新聞〉