しずおか 西部トピックス

浜松の中山間地楽しもう 15日から、クイズラリー(2020/7/7 15:00)
浜松市は15日から、同市の中山間地域を巡ってクイズに挑戦するイベント「浜松やまもりアドベンチャー-山と森のナゾ解きラリー」を開始する。天竜、北両区の佐久間、龍山、引佐、水窪、春野、天竜の6地域が舞台になる。参加者は市ホームページや市内の各協…
トウガンの出荷、最盛期 浜松・東区で目ぞろい会(2020/7/7 09:13)
JAとぴあ浜松(浜松市東区)は6日、ウリ科の夏野菜「トウガン」の目ぞろい会を同区の東部野菜販売センターで開いた。新型コロナウイルスの影響で需要が減る中、綿密な出荷計画で価格維持に努めながら前年実績を5%上回る628・5トンの生産を目指す。県…
コロナ収束、花火に願う 浜松・弁天島 サプライズで打ち上げ(2020/7/6 09:26)
浜松市西区舞阪町弁天島で5日夜、新型コロナウイルスの収束を願うサプライズの花火が打ち上げられた。2分間にスターマインや「笑顔」をかたどった大型花火など約100発が夜空を彩った。9月5日に予定していた第7回弁天島花火大会を中止した代わりのサプ…
葉っぱのお船「ゆ~らゆら」 掛川花鳥園、オオオニバス乗り(2020/7/6 08:17)
掛川市の掛川花鳥園は4日から、園内のスイレンプールで夏の恒例イベント「オオオニバスに乗ってみよう」を始めた。直径1・6メートル超の大きな葉に乗って水に浮かぶ感覚が味わえる。1歳以上、体重20キロまでの子どもが対象。アマゾン原産のオオオニバス…
カエルとヘビの毒、東西で違い 井上さん(京大院生)、浜松で講演(2020/7/5 11:30)
県立森林公園を含む本州各地に生息する毒ガエルのヒキガエルと毒ヘビ「ヤマカガシ」の毒をテーマにした講演会が4日、浜松市浜北区の同公園森の家で開かれた。京都大大学院の修士2回生井上貴斗さん(24)=同市出身=が、それぞれが持つ毒の成分の違いなど…
元祖は幕府が設置 御前崎灯台の歴史を紹介 「守る会」講座(2020/7/5 10:46)
御前埼灯台を守る会(斎藤正敏会長)は4日、「灯台講座」を御前崎市池新田の市立図書館で開き、灯台の歴史と魅力を市民らに紹介した。地元に暮らす人たちにより理解を深めてもらう目的で、初めて企画した。斎藤会長は灯台の“元祖”…
水窪ヒノキのお守り頒布 健脚祈願の浜松・足神神社、新たな足形マーク採用(2020/7/4 14:19)
全国的に珍しい健脚祈願で知られる浜松市天竜区水窪町の足神神社は6月下旬から、水窪のヒノキの天然木を使ったストラップ型のお守りを有料頒布している。新しい足形マークを採用し、下半身の持病がある人などが一歩を踏み出せるようにと願いを込めている。縦…
旧政府機貴賓室間近に 浜松・空自広報館が展示開始(2020/7/4 09:02)
浜松市西区の航空自衛隊浜松広報館「エアパーク」は1日、新型コロナウイルスの影響で休止していた館内展示を再開し、旧政府専用機の貴賓室部分の公開を新たに始めた。天皇陛下や首相、国賓らを1992年から27年間にわたって運んだボーイング747の一室…
簡易着脱式の間仕切り 天竜ヒノキで開発 浜松のフジセンとUOデザイン事務所(2020/7/3 18:55)
神社に奉納する絵馬や神具類を製造する「フジセン」(浜松市東区)と家具・家電のデザインを手掛ける「UOデザイン事務所」(同市中区)が新型コロナウイルス感染拡大防止策として、持続可能な森林管理の国際基準「FSC認証」を受けた天竜産ヒノキを使った…
浜松市の母子保健事業、順次再開へ 妊娠期講座や未熟児相談(2020/7/3 08:12)
浜松市は2日、母子保健推進会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月から休止していた母子保健事業の一部を7月から順次再開する方針を示した。第1子出産前の夫婦向けの妊娠期健康講座「はじめてのパパママレッスン」などを再開する。母子保…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト