医療・健康・福祉しずおか

近代医療、和ハーブを解説 古谷暢基氏がセミナー 三島(2019/4/24 08:22)
近代日本医学の父とされる北里柴三郎の子孫で医学博士の古谷暢基氏が講師を務める医学セミナーがこのほど、三島市民文化会館で開かれた。近代医療に対する誤解や、江戸時代から日本人に活用される植物「和ハーブ」の効果などについて説明した。病気を過剰に恐…
骨髄バンク事業、原点振り返る 静岡で講演会(2019/4/23 07:41)
静岡骨髄バンクを推進する会は21日、総会と講演会を静岡市葵区の県総合社会福祉会館で開いた。県赤十字血液センターの竹尾高明所長が「骨髄バンク事業展開の原点を振り返って」と題して話し、会員ら約25人が聴講した。竹尾さんは、慢性骨髄性白血病を発症…
薬学や栄養学の研究発表 静岡県立大教員ら(2019/4/21 08:16)
静岡市駿河区の県立大は20日、各学部の教員らが研究成果を発表する「US(ユニバーシティー・オブ・シズオカ)フォーラム」を同大で行った。教員特別研究推進費などの採択を受けた研究の中から、29件の発表が行われた。薬学部や食品栄養科学部などの研究…
静岡・駿河区に介護複合施設 20日まで内覧会(2019/4/19 07:53)
社会福祉法人の静和会は18日、5月1日に静岡市駿河区みずほに開所する介護福祉の複合施設「コミュニティパークみずほ」の内覧会を開いた。20日まで実施し、午前10時~午後3時半に予約不要で見学できる。施設は鉄骨3階建て。同会が運営する小規模多機…
口臭テーマに市民講座 原因や防止法を説明 浜松・中区(2019/4/17 08:15)
浜松市と市歯科医師会は14日、市民公開講座「息さわやかに…口臭のメカニズムと対処法」を中区のプレスタワーで開いた。松本歯科大の亀山敦史教授が、口臭の原因や防止法などを説明し、市民約180人が学んだ。亀山教授は口臭の主な原因が、…
がん発見、検診重要 三島で2019年度初回講座(2019/4/14 07:40)
がん医療の最新情報を学ぶ県立静岡がんセンター公開講座2019「そこが知りたい!がん医療」(静岡新聞社・静岡放送主催、スルガ銀行特別協賛)の初回講座が13日、三島市民文化会館で開かれた。約670人が聴講した。山口建総長が「がん医療の最前線」と…
聖隷浜松病院救急「S」 厚労省、静岡県内唯一の最高評価(2019/4/13 07:33)
聖隷浜松病院の救命救急センター(浜松市中区)が、厚生労働省による2018年の救命救急センター充実段階評価で県内唯一の最高ランク「S評価」を取得した。充実段階評価は、救命救急センターのレベルアップを図る目的で1999年度に始まった。重篤患者の…
10連休半ばに通常診療を実施 静岡県内の一部病院(2019/4/12 08:15)
静岡県内の一部病院が皇位継承に伴う10連休(27日~5月6日)の半ばに数日程度、自主的に通常診療を行うことが、県の11日までの調査などで分かった。県によると、4月30日と5月2日に午前、午後のいずれも診療すると回答した病院は約4割に上った。…
重症度、AIで自動推定 自閉スペクトラム症 静大、浜医大研究(2019/4/10 17:00)
静岡大情報学部の狩野芳伸准教授の研究室と浜松医科大子どものこころの発達研究センターの土屋賢治特任教授らの研究グループが、人工知能(AI)を活用して自閉スペクトラム症の重症度を自動推定するシステムの構築を進めている。資格を持つ専門家しか実施で…
診療補助へ特定行為習得 浜松医大病院、看護師研修センター開講(2019/4/10 07:57)
2月に国の特定行為研修指定研修機関に指定された浜松医科大付属病院(浜松市東区)で9日、看護師特定行為研修センターの開講式と入講式が開かれた。公立病院として指定されたのは県内で初めて。2019年度は院内の看護師3人が履修し、日常業務をこなしな…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト