新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ミニ知識

体調不良、長引く人も 厚労省が実態調査へ(2020/7/20 21:59)
新型コロナウイルス感染症から回復した人の中には、肺機能の低下をはじめとする体調不良が長く続く人がいることが分かってきた。頻度や持続期間などは明らかになっていない。そこで厚生労働省は、回復者2千人を対象に、実態を調べ解決策を探る研究を始めるこ…
避難時荷物もコロナ仕様に マスクや消毒液重要に(2020/7/17 21:57)
コロナ禍の中、自然災害が相次ぐ。誰もが直面し得る突然の避難に備え、非常持ち出し袋の中身もコロナを意識し見直そうと、防災教育に携わる研究者らでつくる「新型コロナウイルスと災害避難を考える会」が12項目の持ち物リストを作成した。マスクや消毒液な…
「マイクロ飛沫」にも注意 3密回避と換気が有効(2020/7/14 21:53)
新型コロナウイルスの感染経路として、せきやくしゃみなどのしぶき(飛沫)を吸い込む「飛沫感染」が知られている。それに加えて日本感染症学会は、さらに細かい「マイクロ飛沫」による感染にも注意を呼び掛けている。室内の音楽イベントなどでは、マイクロ飛…
症状なくても感染源に 「会話時はマスク」大切(2020/7/7 21:52)
新型コロナウイルスは症状がない人からも感染するといわれるが、頻度はどのくらいだろう。京都大などの研究チームが、国内で発生した5人以上の集団感染例で「この人から広がった」と特定できた人を調べたところ、9人(41%)は症状が出る前に他人にうつし…
外出時の手袋着用は不要 消毒や看病では励行を(2020/7/3 21:49)
新型コロナウイルスが付着した手で目、鼻、口に触ると感染の恐れがある。それを心配してか、買い物などの外出時に手袋をする人もいるが、世界保健機関(WHO)は「手袋をした手で顔を触れば同じこと。感染予防には、素手をせっけんで小まめに洗う方が効果的…
住居用洗剤も消毒に使える 特定の界面活性剤が有効(2020/7/1 21:47)
テーブルやドアノブなどに付いた新型コロナウイルスの消毒には、住居用の洗剤も使える。主成分の「界面活性剤」の一部が新型コロナに有効であることが、国の調査で確かめられた。6月26日時点で有効性が確認された界面活性剤は「アルキルグリコシド」や「純…
蚊は新型コロナを広げない でも刺されないように(2020/6/17 21:32)
新型コロナウイルスについて世界保健機関(WHO)は「蚊に刺されても感染しない」としている。国立感染症研究所の葛西真治・昆虫医科学部長は「新しいウイルスなので『絶対ない』とは言えないが『蚊が媒介する可能性が極めて低い』ことは確かです」と話す。…
感染性は長続きしない 厚労省、退院基準見直し(2020/6/9 21:26)
新型コロナウイルス感染症は大半が軽症で済み、入院しても多くは回復する。では、患者が他人にうつすリスクはどれくらい続くのだろう。最近の研究から、発症後1週間から10日たつと人への感染リスクは小さいことが分かってきた。患者100人と濃厚接触者を…
店内の換気は小まめに 対角線上にある窓活用(2020/6/5 21:24)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除され、営業を自粛していた飲食店に少しずつ活気が戻ってきた。店内の換気は今後、どのようにしたらいいのだろうか。空調メーカーのダイキン工業によると、換気には汚れた空気を屋外に出したり、薄…
丸みを帯びた突起が特徴 細菌よりずっと小さい(2020/6/4 21:22)
新型コロナウイルスは、人に感染するコロナウイルスとしては7種類目。コロナウイルスの特徴を改めてまとめる。直径は約1万分の1ミリで球形。これほど小さいと光学顕微鏡では見えない。電子顕微鏡で見ると、表面に丸みを帯びた突起がたくさんある。「コロナ…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿