こち女ニュース

再考保育(4)保育士の処遇改善へ 役職制度、悩み多き運用

(2019/1/13 15:03)
県の保育士キャリアアップ研修で、グループに分かれ意見交換する受講者=2018年11月上旬、静岡市葵区
県の保育士キャリアアップ研修で、グループに分かれ意見交換する受講者=2018年11月上旬、静岡市葵区

 「園のミドルリーダーとして活躍できるよう、さまざまな視点で保育を捉え直して」。2018年11月、静岡県が開いた「保育士キャリアアップ研修」のテーマは「マネジメント」。県内私立園の中堅・ベテラン保育士ら約150人が3日間受講し、良好な人間関係づくりや園の魅力向上に必要な方策を学んだ。
 微笑こども園(湖西市)の保育教諭中村愛美さん(42)は「コーチングの技術などを職場で生かしたい。他園の保育士と情報や悩みの共有ができたのも、有意義」と振り返った。
 キャリアアップ研修は18年度、国が進める民間保育士の処遇改善の一環として始まった。公立園に比べて低いとされる私立園に勤める保育士の給与。保育士不足が深刻となる中、処遇改善によって職場への定着率を向上させ、新たな人材確保にもつなげたい狙いがある。
 各園は、園長、主任保育士に続く一般保育士を細分化し、「副主任」「専門リーダー」(実務経験7年以上)や、「職務分野別リーダー」(同3年以上)という新たな役職に任命する。研修の受講要件を満たせば、月額でそれぞれ、4万円と5千円を給与に上乗せする仕組みだ。
 研修分野は、マネジメントのほか、障害児保育、保健衛生・安全対策など。受講者からは「体系的に最新の情報が得られ、保育の質の向上につながる」と一定の評価がある。
 ただ、園長からは、役職の任命や処遇改善費の分配に関して「職員の間に不公平感が広がりかねない制度」という戸惑いの声も聞こえる。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市清水区小河内

古民家あんcafe

懐かしさ残る古民家でくつろぎのひとときを。

焼津市小土

BALI-HAI焼津店(バリハイ)

アジアンリゾートな店内で、和・洋・中・エスニックを大胆に融合した新しい食文化「オリエンタル・キュイジーヌ」をお届け!

静岡市清水区銀座

Cafe COCO(カフェココ)

香り高いハンドドリップコーヒーとタルトが自慢。昭和レトロな店内でゆったりとした時間をお過ごしください。

島田市向谷

a・e・r(アエル)

季節の野菜を中心としたカラダが喜ぶランチや手作りケーキをご用意しています。

静岡市葵区黒金町

ふじのくに地球環境史ミュージアム ミュージアムキャラバン「昆虫の世界」

2020年8月7日(金)~9日(日)

伊豆市下白岩

中伊豆ワイナリーの夏イベント

2020年8月1日(土)~31日(月)

三島市

ナイトスカイウォーク 花火祭

2020年8月8日(土)~9日(日)

掛川市御所原

スケスケ展ースケると見える仕組みの世界ー

2020年7月22日(水)~8月30日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 7月31日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」