こち女ニュース

“どん底先生”の生き抜く力(上) 貧しい生活、脱出へ猛勉強

(2018/6/16 10:00)
中学生に勉強を教える宮坂智恵子さん。教え子の性格に合わせて、話し方や接し方を変える=5月下旬、長泉町
中学生に勉強を教える宮坂智恵子さん。教え子の性格に合わせて、話し方や接し方を変える=5月下旬、長泉町

 「うちの子を支えてほしい」。勉強以外の悩みも聞いてくれる先生との評判を頼りに、沼津市の家庭教師宮坂智恵子さん(36)の元には保護者からの依頼が舞い込む。「死にたい」と口にする子、学校では一言もしゃべらない子…。宮坂さんは教え子の声に耳を傾け、うなずく。「気持ち、分かるよ」。自称、ミスどん底先生。今日よりもあしたが、現在よりも未来が、少しでも良くなること。それだけを願って生き抜いた経験がある。
 母に虐待されても、学校でいじめられても、ただ耐えてやり過ごすしかなかった。
 小学5年生の時、横浜市で居酒屋を営んでいた両親が自己破産した。ギャンブル依存の母は、家族にうそをつきながら、父の稼ぎの大半をパチンコに費やしていた。
 転居先の名古屋市ではいじめに遭い、不登校に。中学1年で沼津市に移り、登校し始めたが、基礎学力がなく、授業に付いていけない。ローマ字で名前を間違えて「ミヤサコ」と書いたら、その日からあだ名になった。
 「ばかにされている状況を変えたい」。その思いから、初めて一歩を踏み出した。家庭教師を付けてほしいと母に頼み込んだ。昼夜たがわず働く父の金銭的な後押しで、女性の家庭教師が来るようになった。
 一冊の問題集に答えを書いては消し、書いては消しを繰り返した。理屈が分からないと、丸暗記した。家庭教師には、限られた時間でポイントを絞って質問した。次第に親との関係など、誰にも相談できなかった悩みも打ち明けるようになった。
 父にもらった千円の小遣いを、母は「電気代に回す」などと言っては取り上げた。「稼げるようになって、こんな生活から抜け出したい」。動物が好きで、獣医師に憧れていた。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市中区鍛冶町

不思議なかき氷

ヨーグルトが売りのかき氷屋さん!

静岡市駿河区用宗

用宗みなと横丁 ヴィクトリーライトニング用宗店

自家製パティのハンバーガーをメインにしたアメリカンポップなシーサイドカフェ。

御殿場市神山

house restaurant & sweets アルプス

“本が読めるレストラン” お好きな本を読みながら、ゆっくりとランチやパフェをご堪能ください。

浜松市中区砂山町

遠鉄百貨店 Cortile Cafe(コルティーレカフェ)

本格エスプレッソドリンクやドルチェ、パニーニなどを気軽に楽しめるカジュアルなカフェです。

袋井市

【開催中止】月見のカフェコンサートVol.42(クラシック)

2021年1月23日(土)

浜松市南区

浜松市緑化推進センター(みどり~な)の早咲き桜

見頃/2021年1月上旬~3月中旬 ※天候等により変わる場合があります

熱海市上多賀、下多賀

熱海 さくらの名所散策路(四季の道)の桜

見頃/2021年1月下旬~2月中旬

島田市本通

しまだ元気市・朝市(1月)

2021年1月24日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月15日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」