こち女ニュース

学びの代償~奨学金返還の実情(番外編) 識者インタビュー

(2018/4/7 11:01)
家計の教育費負担の重さを指摘する森俊太教授=静岡市内
家計の教育費負担の重さを指摘する森俊太教授=静岡市内

 奨学金を含む、教育費負担の現状の課題は。静岡県労働者福祉基金協会静岡ワークライフ研究所の教育費の実態調査で、委員長を務めた静岡文化芸術大・文化政策学部長の森俊太教授に聞いた。

 ―日本の教育費負担の特徴は。
 「外国と比べて教育への公的支出が少ない。教育費の中でも高額な大学進学を助ける返還不要の給付型奨学金も乏しく、家計の負担が非常に重い。進学率の上昇、学費の高騰、非正規雇用の増加や所得の伸び悩みなどが重なり、可処分所得に占める教育費の割合が高止まりしている」
 ―調査で明らかになった課題とは。
 「重い家計負担は親の生活を圧迫し、子どもの人生も制約している。これまでは多くの中間層が10年以上かけて子どものために多額の教育費を準備してきた。雇用環境が不安定化した今、それは容易でなく、奨学金利用者が増えた。その結果、自分と子どものダブルの教育費を重荷と感じる若者が結婚、出産、消費などに抑制的になっている。経済成長期には顕在化しなかったが、経済成長が見込みにくく人口も減る時代、家計の教育費負担の重さは社会全体の活力低下を招く。奨学金の延滞者だけでなく、無延滞者を巡るこうした現状も大きな社会問題だ」

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

富士市青葉町

Roku cafe(ロクカフェ)

モーニングからカフェタイムまで手作りの料理とお菓子でおもてなし。

静岡市清水区小河内

シイたけぞう

豊かな自然に囲まれた原木しいたけ農家が営む小さなカフェ【ランチは予約制】。

静岡市葵区鷹匠

BROLO(ブローロ)

薪窯焼きのナポリピッツァなど、本格イタリア料理をお楽しみください。

浜松市中区曳馬

フルーツパーラーTASTAS(タスタス)

フルーツを贅沢に使った華やかなパフェ。自家製アイスクリーム、シャーベット、生クリームにもこだわりがいっぱい。

NEWS PAPER

見開き特集面 10月23日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」