こち女ニュース

孫育て それぞれのカタチ(3)離れていても

(2018/1/10 11:00)
地域のママたちに気さくに声を掛ける豊島智江さん(右から2人目)=2017年12月、静岡市清水区の由比児童館
地域のママたちに気さくに声を掛ける豊島智江さん(右から2人目)=2017年12月、静岡市清水区の由比児童館

 核家族による子育てが主流になり、孫と離れて暮らす祖父母が多い中、インターネットやスマートフォン(スマホ)が孫との関わりを深める道具として役立っている。
 静岡市駿河区の上杉佐代子さん(71)にとって、国際結婚してオーストラリアに住む長女あかねさん(40)の娘(6)はただ一人の孫。インターネットのテレビ電話「スカイプ」で毎週のように会話し、成長ぶりに目を細めている。
 最近はあかねさんが家事をしている間、本を読んであげたり、バレエの練習成果を見てあげたりする。1時間程度の“スカイプ子守”だ。孫が幼い頃、あかねさんから「授乳しても泣きやまない」と連絡が来た際は、孫の様子をパソコン画面で見ながら励ました。あかねさんは「育児で悩んだ時、母はいつも一緒に考えてくれた」と振り返る。
 上杉さんは、孫の誕生や保育園入園などの節目には手伝いに飛んだ。互いの家を行き来し、共に過ごす時間は、年に延べ1カ月以上ある。「離れて暮らしていても、スカイプで顔を見られるし、直接会いたい時はいつでも会える」。今の家族関係に満足している。
 一方、孫と離れて暮らす祖父母の中には、地域で子育て支援に力を注ぐ人もいる。同市清水区の豊島智江さん(63)はその一人。孫は神奈川県に住む長男(34)の息子(2)だけ。自身は義父母と同居し、息子3人を育て上げた。孫は愛らしく、そばで成長に寄り添いたい気持ちはあるものの、実際に会えるのは2カ月に1回程度。孫と離れて暮らす友人に話を聞くと、皆、大差ないようだ。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

藤枝市若王子

Cream Cafe(クリームカフェ)

見て楽しい!食べて美味しい!季節のフルーツを使ったスイーツが自慢の蓮華寺池公園近くのカフェ。

静岡市葵区栄町

モロッコカフェ&ランチ Labass?(ラバス)

静岡県中部唯一のモロッコカフェで、心も体も元気になりましょう!

熱海市田原本町

熱海駅前・おさかな丼屋

行列必至の店「熱海銀座おさかな食堂」が手掛ける海鮮丼専門店。

熱海市銀座町

熱海銀座 おさかな食堂(おさかな酒場)

熱海の海の幸と伊豆の食材をふんだんに使った海鮮エンターテイメント食堂。

伊豆市大平

旭滝の紅葉

2020年12月上旬~中旬

御殿場市印野

富士山樹空の森「カブトムシ&クワガタムシ 採集と標本展」

2020年11月30日(月)~12月13日(日)

藤枝市

『立体書画』~市民文化祭出品作品展~

2020年12月1日(火)~12月13日(日)

掛川市大渕

いちご摘み<赤ずきんちゃんのおもしろ農園>

2020年12月1日(火)~2021年5月31日(月)

NEWS PAPER

見開き特集面 11月27日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」