こち女ニュース

孫育て それぞれのカタチ(1)「最後のとりで」

(2018/1/5 11:00)
孫たちに夕食を食べさせる木村早苗さん。一人一人の好みも熟知している=2017年12月、静岡市内
孫たちに夕食を食べさせる木村早苗さん。一人一人の好みも熟知している=2017年12月、静岡市内

 孫と触れ合い、子ども夫婦も助けられる祖父母の「孫育て」。共働き率が上昇し、親側のニーズは高まっているとみられる。一方で、やりがいの半面プレッシャーも大きく、戸惑いの声も聞こえる。楽しくもしんどい“育児”に奮闘する祖父母を取材した。

 初孫をおそるおそる抱いた時、23年前に死別した夫を思った。「あなたの命、つながったよ」。静岡市駿河区の元教諭木村早苗さん(66)にとって孫は宝物だ。母子家庭の苦労を共にした戦友のような娘たちは、木村さんの背中を追うように働き続ける道を選んだ。孫育ては娘の夢を支え、孫の成長に関われる機会でもある。「私が身を削るしかないって思っちゃうよね」
 保育士の次女の帰りが遅くなる日は5キロ離れた次女の家で夕食を作って小学生の孫(6)の帰宅を待ち、同じ保育園に入れなかった妹(4)と弟(11カ月)をそれぞれ迎えに行く。食後は孫の宿題をみる。「ばーばはそばにいるもの」として慕ってくれる孫は愛らしい。笑顔を見るたび幸せを感じる。「お菓子は1個だけ」と言いながら、つい余分に与えて「甘いねぇ」と娘にあきれられることもある。
 夫が病死した時、娘は中学生と高校生だった。自身は教壇に立ち続けたが、ひとり親になっても定刻に帰れる日は多くはなかった。同僚の女性が「早く帰りな」と気遣ってくれた。市内に身寄りはなく、専ら隣人に世話になった。娘の夕食を作ってもらい、病院の受診に付き添ってもらったこともある。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市駿河区用宗

用宗みなと横丁 ヴィクトリーライトニング用宗店

自家製パティのハンバーガーをメインにしたアメリカンポップなシーサイドカフェ。

静岡市葵区七間町

SafeHouse(セーフハウス)

ハンバーガーとお肉、おいしいウイスキーがあるお店。

熱海市田原本町

熱海駅前・おさかな丼屋

行列必至の店「熱海銀座おさかな食堂」が手掛ける海鮮丼専門店。

静岡市葵区両替町

和Dining 葉隠(はがくれ)

旬の地元食材を使用した創作和食のお店です。静岡の名物料理や地酒をお楽しみください。

牧之原市片浜

大鐘家 吊るし飾り展 2021

2021年1月9日(土)~5月上旬

沼津市井田

沼津市井田地区の菜の花畑

見頃/2021年1月下旬~2月下旬※天候により変動する場合があります。

静岡市駿河区根古屋

久能山東照宮 鬼撃木

2021年1月15日(金)~2月3日(水)

伊豆の国市四日町

第15回パン祖のパン祭

2021年1月23日(土)、24日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月15日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」